ネコが撫でて欲しい理由


ネコには毎日でもして欲しいことがあります。それは自分を撫でてもらうこと。

誰かがウチに帰って来たとき、眠っている誰かが起きて来たとき、みんなが楽しそうにしているとき、人恋しいとき。スッと近寄って、スリスリしながら、撫でてよと言ってきます。


わかるわかる!ニンゲンの私も「スキ」や「いいね」がいつも気になってるよ。いつだって押して欲しいし、好いていて欲しい。一緒だね。


って、思った方もいると思います。でもコレ、根本的に違うので、猫様に代わって言い訳させて頂きます。



「ニンゲンは自己承認欲求、わたしゃただ撫でて欲しいだけ」



猫はスリスリしたり、撫でてもらうことで相手の匂いを自分に付けて、それを情報として収集します。

以前お話した通り、猫はとても警戒心の強い生き物です。外の世界からの情報を一旦匂いで受け取り、毛づくろいをすることによって、自分の匂いと馴染ませます。そのことで納得し、不安の解消を図っているわけです。

そう猫は「好きになって欲しい」なんて思っておらず、実は「ただ撫でてもらいたいだけ」なんです。

もちろん猫にだって、好きな人に撫でられて気持ちいいという感覚はありそうです。それでも結局は、好きな人のことをよく知りたいだけで、ニンゲンのように自分を認めて欲しかったり、「ずっと好きな状態でいて欲しい」とは思っていないでしょう。



自分への「スキ」はストックなんてしなくてもいいんじゃない?そもそもできるか分からないし。それに自分から繋がりたいと思っていれば、いつだってまた繋がれるよ。


なんて、猫様は思っていることでしょう。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートもすごく嬉しいですが、もし良いと思って頂けたなら、そっとフォローして頂けるととても励みになります。

ありがとうございます✨一緒に乾杯したい気分です
18

Peacock

京都在住。福祉のお仕事をしながら、猫と家族と暮らしています。音楽やシンプルでリラックスできるものを通じて、少しだけ良い気分になれるお手伝いが出来れば、なんて思っています。 www.instagram.com/yohsanne/

吾輩も猫である

「猫とニンゲンとを見て思うこと」を淡々と綴ろうと思います。生活のヒントになるかならないかは別として、猫はもっと気楽に生きていますよ。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。