ことり先生のキーワード選定指南経過報告

このnoteは、「瀬戸内ことりの鬼校閲手帖」を運営されている、瀬戸内ことりさんの「Twitterフォロワー様1000人突破企画」に参加した報告です。

ダメ元で応募してみた所、なんと応募者全員を企画に参加させて頂けました。

お忙しいところ丁寧に対応していただいたこともあり、しっかり記録しておこうとnoteにまとめました。

今回教えて頂いた「キーワード選定の具体的方法」については、ことりさんのコンテンツになります(閲覧は有料です)

ネタが無限に見つかるフィールドとキーワード選定の具体的な方法をわかりやすくまとめました

-----ここから本文------

キーワード選定指南経過報告 新規記事の例

今までのやり方だと、ネタをみつけてもボツになる記事(キーワード)がほとんどでした。

なぜかというと・・
まずネタになるキーワードの検索ボリュームを調べますね。

ある程度の検索数を確認したら、実際にそのワードで検索してみます。
競合調査というものです。

するとたいてい、書こうと思った記事と似たような記事が山のように出て来るのです。

たいていここで、ボツになります。
もしくは、気にせずそのまま書いても、時間の無駄になるだけです。

↓↓↓

今回キーワード選定指南を受けてからは、書きたいと思った記事に
流入が見込めるようなキーワードを入れて、書けることが増えました

【実例】

夏なので、地元の神奈川にある引地台プールの記事を書こうと思い立ちます。

キーワードは「引地台プール」「利用方法」

みんなが思いつくワードなので、同じようなキーワード、タイトルの記事が並んでいます。

記事をチェックしてみると、内容も充実していて、写真も豊富でわかりやすい記事がありました。

ここで恐れをなして、キーワードを「引地台プール」「売店」とかにしてしまうと、今度は検索数が激減します(今までのパターン)。


そこで選定指南に従って、「引地台プール」「駐車場」

をメインにしました。

結果、10日ほどで「引地台」「駐車場」で上位になり、私のサイトの数少ない読まれる記事に成長してくれたのです。

7月の夏休み前に投稿したのでギリギリすべりこみでしたが、日々検索流入があります。

成功・・ですね!


追記

このあと8月に入って、PVが爆上げしました

デイリー700→2,000超えに!
アドセンスが1,000円/日超える日も・・

キーワード選定指南のその後・・まさかの展開



キーワード選定って何?どうやるの?って思った方がいたら、こちらのnoteにまとめたのでご覧ください。
↓↓
 タイトルに含めるキーワードの選定方法 【初心者用】


-----end-----

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。 スキされると調子にのってまた書きます!

10

ぺこみ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。