\重版!3刷決定!/『「小商い」で自由にくらす』を売るためにやったこと

拙著『「小商い」で自由にくらす~房総いすみのDIYな働き方』の再重版になりました。

これで3刷となり、ありがたいことに当初想像していたよりもたくさんの方に手に取って頂いています。改めて、これまで読んでくださった方々に感謝をお伝えしたいです。

書籍出版のきっかけは、旧知の編集者の方から、「いすみ地域の移住の話について本を書きませんか?」という提案でした。

でも、ぼくは移住についての話は書きたくなかった。というより、この地域に住むようになって一番驚いたことを書きたいと思ったのです。

それが、房総いすみ地域のマーケット文化です。

このあたりではマーケットの開催が多く、そのほぼすべてが自治体の関わらない、手作りのマーケットです。出店者もたくさんいます。

はじめはその出店者の方々を見て、「趣味でやっている人たちなんだろうな」と、勝手に思い込んでいたのですが、何度か話をして仲良くなるうちに、「マーケット出店だけで暮らしている」という人がたくさんいることがわかってきたのです。

「え!ホントに!?それで暮らせるの??」

と率直に感じた謎が、この本でぼくが明らかにしたかったことでした。なのでデリケートお金の部分にも恐る恐るみなさんに突っ込ませて頂いたのですが、この本が想像以上に読まれた要因としては、お金についての質問に全員がしっかり答えてくれたことが大きかったと思います。(感謝!)

実際、なぜそんな田舎でマーケット出店を中心とした商いだけで暮らせるのか?という答えについては拙著をご覧いただきたいのですが、「本が売れない」と言われる時代に、再重版までさせてもらったのは、やはりありがたいことです。

<本を売るためにやったこと(web編)>


…というような経緯で一生懸命書いた本ですが、読者になってくれる人に本を手に取ってもらうための、第一にして最大のハードルは、毎日約300冊もの新刊が発行される中で、本の存在そのものを知ってもらうことです。

そこでいくつかのチャレンジをしてみました。

1.書籍の特設ページ

まずひとつめが、書籍の特設ページを作ることです。通常、webで書名を検索すると、amazonのページが出ることが多いですが、amazonのページだけでは書籍の内容を伝えきれないと思いました。

そこで、自分のwebページ内に、紹介ページを作り、書籍の内容を盛り込みました。
結果、このページは書名『「小商い」で自由にくらす』をgoogle検索したときに、amazonに次いで2番目に表示されるページとなり、自分のサイトの中でもかなり見られているページになっています。
http://isokiatsuhiro.com/2017/02/books-koakinai-index/

2.ブックトレイラー(youtube)

続いて、近所に住む友人に協力してもらい、ブックトレイラーを作りました。書籍に登場したマーケットの様子(お客さんの数)や、取材させてもらった人たちに改めてプチインタビューをさせてもらい、動画として編集。

そうすることで、マーケットの様子や書籍に登場する人たちの生の言葉をきっかけに本に興味を持ってもらったり、あるいはすでに本を読んだ人にとっては「本に登場した人たちが話し、動く様子」を楽しんでもらえたらと考えました。書籍の写真だけでは伝えきれない、マーケットや人の空気感までが伝われば、ということもそのとき考えていたことです。

https://youtu.be/uULF9CCp6po

3.記事のweb公開

そして、記事のweb公開です。
発売されたばかりの書籍の内容を「webで公開する」ことには今でも賛否両論ありますが、公開することに及び腰になる理由は当然「そんなことしたら売れなくなる!」というものです。
もちろんそれもわかりますが、一方で、本屋で立ち読みしたことが買うきっかけになることがあるように、「実際に読んでもらったほうが売れる」というのも理解できます。

ではどうするか?

結論から言うと、『「小商い」で自由にくらす』では、「別々の層に届けば」と考えて、公開する媒体をいくつか変えつつ、全部ではなく一部を公開しました。

・webマガジン『sumika』
震災から武道大学、そして移動式自転車屋台を開業『Spaice coffee』

・webマガジン『greenz.jp』
「田舎へ行けば行くほど、面白いのは間違いない」。渡邉格さん・麻里子さんに聞く「タルマーリー」の開業物語

「これからはフェスティバルよりも、成熟した日常のマーケットを」水野俊弥さん

・磯木淳寛web
うちも最初は「小商い」だった。中島デコさんインタビュー

アクセス解析ができるのは自分のページだけですが、こちらは今でもたくさん読まれています。(中島デコさんに知名度があるので、検索サイトで名前の検索結果として記事が表示され、訪問されています)

読んでいただいた上で書籍が買われているのかは正直不明ですが、少なくとも書籍について知らなかった人に知ってもらうという意味で一定の効果はあったと思います。

今にして思うと、もっと公開しても、部数が落ちるリスクよりも増える効果の方が高かったように思います。※あと、当然ですが、書籍の内容のweb公開は出版社とも同意を取っておかないといけません。

4.「本のつづき」をweb記事にする(結果としてそうなった)

『「小商い」で自由にくらす』の内容のほぼ半分は、小商いを行うプレーヤーへのインタビューです。
当たり前ですが、彼らの活動は本の出版後もリアルタイムで続いていきます。「その後」を記事にすることによって、本の存在をはじめて知る人もいると思います。

…と、これは計算したわけではまったく無いのですが、ぼく自身が主宰しているライター講座のようなもので、開催場所が千葉県いすみ市のとき、参加者の方々に、書籍で掲載させて頂いた方にもインタビューしてもらい、それを記事にしました。

ページの都合で書籍で載せきれなかった内容や、その後のお話も聞けて、また、講座の参加者の作品ということもぼく自身にとってもうれしい記事たちです。

※最新の記事のひとつ。書籍出版時23歳だった自転車屋台のコーヒー屋の紺野さん。26歳になりました。めちゃくちゃ進化してます。
http://isokiatsuhiro.com/2019/06/spaice_ds/

本の出版後もこうして少しでも‟ニュース”を作ることはきっと少なからず本を知ってもらい、手に取ってもらうことにも繋がると思います。
かつ、書籍に掲載した方々を応援できるのはうれしいことです。


5.facebookページをつくる

書籍のfacebookページをつくりました。
ここで、著者イベントの告知や、書籍と取り上げさせて頂いた方の記事や、小商いマーケット開催のお知らせや、テレビでの放映情報をアップしていきました。(今でも続けています)

本を入口に、なにかしらの次の行動に繋がればという思いもありましたし、房総いすみ地域の小商い文化についての本なので、こうした情報を届け続けることで、この文化をさらに盛り上げたいという思いもありました。

また、本そのものは出版時の状況を切り取った静的なものなので、リアルタイムに動いていることを感じてもらいたかったという意味ではブックトレイラーと同じかもしれません。


ちょっと長くなりました。
後編の<本を売るためにやったこと(リアル編)>に続きます。後日書きます。

『「小商い」で自由にくらす~房総いすみのDIYな働き方』はこちら

なお、書籍を出版したのは2017年でしたが、ぼく自身は書籍でインタビューさせてもらった方々の「商品も人生も自らのDIYで切りひらいていく姿勢」に刺激を受けて、2017年秋から近所の中学校に企画を持ち込んで、特別授業をおこなっています。

※発起人として、がんばってます。中学生高校生と取り組む、「問い」を起点に地域を発信するプロジェクト『房総すごい人図鑑』

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

磯木淳寛

教育事業、地域ブランディング、編集と執筆。インタビューとライティングのWS「LOCAL WRITE」/房総すごい人図鑑/著書『小商いで自由にくらす』(イカロス出版)/執筆媒体は『ソトコト』ほか多数。http://isokiatsuhiro.com/

コメント2件

ご著書読ませていただきます。今Amazonでポチッとしてきました!届くまで待ちきれません🥺✨笑 すごくすごく楽しみです😄
ユリさん、コメント頂き、また、本にもご興味を持っていただいてありがとうございます。うれしいです!本の内容がご期待に添えるかドキドキですが、一生懸命書きましたので、届きましたらどうぞ可愛がってあげてください(笑)。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。