フォロワー獲得率が約2倍!?Instagramでファンを増やすコツは投稿一覧にあった!

こんにちは、Petrel(ペトレル)編集部のゆりっぺです。
今回は、PetrelのInstagram(インスタグラム)における”フォロワーをより多く獲得するため”の投稿一覧設計[色味・画質・加工方法]について書いていこうと思います。

Petrelのインスタグラムのフォロワーは現在7.6万人を突破することが出来ました!
日本最大のキャパを誇る日産スタジアムの収容人数が7.5万人らしいので今度ぺトレルのフォロワーさんだけで貸し切りイベントでも開いちゃいましょうか!(笑)
皆さまいつも本当にありがとうございます!!

しかしPetrelもフォロワーの伸びがあまり良くないときだってもちろんあります。
そんな時に私達はどのような分析を行い、どのようにしてスランプを打開していったのか!
今回は【投稿一覧】に焦点を置いてお話したいと思います。

同じようにインスタの投稿を行ってはいるけれど、フォロワーが伸びないという悩みを抱えている人はいませんか?
そんな方は是非参考にしてみてくださいね!


こんなに違ったなんて・・・

まずはこちらをご覧ください。
この図は、2019年4月1日~2019年4月30日の1ヵ月間のフォロワー数の遷移です。上に示した図は、実際に私たちが分析するうえで使っている弊社のSNS分析ツール「MASAI」の画面です。
これは、縦軸がフォロワー数並びフォロワー数増減、横軸が日付となっていて、1ヵ月間のフォロワー増加数が1日ごとに示されています。
こちらを見てみると2019年4月1日時点でのフォロワー数は50,026人、2019年4月30日時点では55,097人であったことが分かります。
つまり1ヵ月間で55,097-50,026=5,071人増加したということになるんです。

次にこちらをご覧ください。
この図は、2019年7月1日~2019年7月22日の22日間のフォロワー数の遷移です。
こちらを見てみると2019年7月1日時点でのフォロワー数は68,578人、2019年7月22日時点では76,291人であったことが分かります。
つまり22日間で76,291-68,579=7,712人増加したということですね!


さて、ここで”あれ?なんで?”と不思議に思った方はいませんか?
4月の1ヵ月間では約5,000人しか増加しなかったフォロワーが7月は22日間で約7,700人増加しているんです。

このフォロワー増加数の上昇の理由はずばり、私達が投稿一覧[色味・画質・加工方法]について分析をし、見直していったからなんです。

では具体的にどのような分析方法を行ったのかを今から説明していきたいと思います。


~分析開始~

・投稿一覧とは

そもそも投稿一覧って何?と思われる方もいらっしゃると思うので軽く説明させていただきます。
投稿一覧とは上記の画像の部分のこと。
つまり自分のアカウントで投稿した画像の一覧という事です。

え?ここってどんな意味があるの?って思った方、
実はここ、Instagramでは【アカウントの顔】といっても過言ではない程重要な立ち位置なんです。

例えば、新しく見つけたアカウントをフォローするかどうか決める時ってこの画面を絶対に見ますよね?この画面で(ちょっとフォローしたいイメージ違うかな...)って思われたらもうそこで試合終了(笑)
だからこそ、この投稿一覧をしっかりと設計していくことが大切なんです。
出会った時の最初の数秒でその人の第一印象が決まるってどこかで聞いたことがあるから、Instagramだって第一印象を良くしなきゃですよね!!

・4月はこんな感じでした。

詳しく見てみると、縁の加工のカラーはピンク、茶色、紫などばらばらで、画像も全体で見ると色が濃いものがあったり、薄かったりと統一されていませんよね。

このばらばらこそが統一感を失くしている要因だ!!!これじゃあフォローしてくれる人も増えないはずだ!!!

そう気づいた私達は、弊社のSNS分析ツール「MASAI」を使ってプロフィールのフィード一覧の統一感を生み出すことにしました。


・いざ分析!

実際にこちらがMASAIを使用した分析画面です。
これは、2月~3月の間でエンゲージメント率が高かった順に投稿を並べ替えた上位10投稿になります。
つまり、上にあるものほどエンゲージメント率が高かった投稿であり、よりフォロワーに求められているクリエイティブであったことが示されているのです。

こちらをもとに私達はよりエンゲージメント率が高くなる投稿の[色味・画質・加工方法]について分析しました。

その結果が以下です。

【色味】
①赤・ピンク ②赤・ピンク ③白・薄ピンク ④薄黄色・薄茶色 ⑤薄黄色・薄茶色 ⑥白 ⑦ピンク、水色 ⑧白、茶色 ⑨ピンク ⑩薄黄色・薄茶色

【画質】
①綺麗 ②綺麗 ③粗い ④粗い ⑤粗い ⑥粗い ⑦粗い ⑧粗い ⑨粗い ⑩粗い

【加工方法】
①サーモンピンクの細枠 ②点線の枠 ③点線の枠 ④点線の枠 ⑤点線の枠 ⑥紫の細枠 ⑦薄茶色の細枠 ⑧茶色の細枠 ⑨点線の枠 ⑩薄茶色の細枠

上記の結果から私達は、
【色味】=薄ピンク、白、薄茶色などの淡いカラー
【画質】=はっきりとし過ぎないすこし粗めの画質
【加工方法】=細枠と薄茶色の細枠

がエンゲージメント率を高め、フォロワーを増加させるクリエイティブであると考えました。そこでこの分析結果をもとに投稿を改善していきました。


・現在の投稿一覧

上記はMASAIを使用して分析をし見直した結果、今現在(7月時点)でのプロフィールのフィード一覧です。
どうでしょう?4月の時と比べて統一感が生まれている感じがしませんか?

左が4月で右が7月です。
こうやって並べてみると一目瞭然ですね!
しっかりと分析をしたからこそ、このように統一感のある投稿一覧設計をすることができたんです。
これはどのアカウントでもやるべき内容です!


・ちなみに・・・

MASAIでは画像解析によるクリエイティブ分析も行うことが出来ます。
こちらが分析の結果分かったPetrelアカウントにおける2019年7月時点でのエンゲージメントの高いクリエイティブカラー低いクリエイティブカラーになります。

この色味を参考に投稿するクリエイティブを選定することで高いエンゲージメントを獲得する事も出来るというわけです。

~まとめ~

いかがでしたか?
投稿一覧はアカウントの顔でもあり、フォロワーを増加させるための重要な立ち位置だということがおわかり頂けたでしょうか。

Petrelのアカウントは分析によると、

色味は、薄ピンク、白、薄茶色などの淡いカラーが良い
画質は、はっきりとし過ぎないすこし粗めの画質が良い
加工方法は、細枠と薄茶色の細枠が良い

ということがわかりました。


このように投稿を分析することで、各アカウントの世界観に適した投稿や投稿一覧を検討をすることができ、フォロワーを増加させることに繋がるのです。

今回分析に使用した弊社のSNS分析ツール「MASAI」では、期間を指定して、投稿を分析することが出来ます。

投稿以外にもハッシュタグインサイトなどのデータも取得・分析が可能ですので、よりアカウント運営を効率的に進めるための深い分析が可能となるのです。

アカウントの方向性やエンゲージメントの伸び、ハッシュタグの選定に悩んでいる・・・という方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください!


私たちは、これからもより効率的なインスタグラム運用ができるよう、分析を続けていきたいと思っています。
また、新たな発見があればご報告したいと思っていますので、楽しみにしていてくださいね~!

▼お問い合わせはこちらから


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

29

流行先取りメディアpetrel(ペトレル)

「petrel」編集部がインスタグラムを中心にSNSやトレンドに関しての情報を発信♩Instagram:https://www.instagram.com/petrel_jp/ 運用やセミナーなどのお問い合わせ:https://corp.pasture.biz/#contact

#マーケティング 記事まとめ

#マーケティングのタグがついた記事を中心に、マーケティングに関する理論や実践についての記事をまとめていきます。
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。