【Day:96】自分で主張の信頼性を上げる「シナトラ・テスト」という選択肢

見てくれてありがとうございます!


今回は自分の主張やメッセージに信頼性を持たせるための「シナトラ・テスト」という考え方について書いていこうと思います。

シナトラ・テストとは

フランク・シナトラがニューヨークでの新生活を送るときにその心境を歌った歌詞に出てくる事柄を指したものになります。

「ここで成功すれば、どこでだって成功できる」というような意味合いです。

ニューヨークで成功できれば、その他の地域だったとしても同じように成功できる。

高位の事象でできたことは、それよりも低位の事象でも当然できるということです。

それを自分の主張に組み込んで
発するメッセージに内在的信頼性を増すことができます。


僕の場合なら

フォトスタジオの撮影でとても人見知りをしてしまい、着物に着替えることも泣いちゃってできない3歳男の子を一緒に遊びながら自由に自然な様子を撮影することができ、結果として、親御さんに大変喜ばれた。

動きがあり、複雑なコミニケーションが必要な撮影を満足度を得てもらいながら実行することができた。

だからその他の撮影でも成果を出すことができるという信頼性をメッセージに付与できます。


この信頼性の出し方は、誰かに推薦をもらったり立証してもらうことではなく、自分自身の体験や経験を元に作り上げていくものになります。


もう少し抽象的に説明すると

ある難易度の高いことで評価を得られたなら、その分野全体での評価を得られることができることを示せられる、ということになります。


これが「シナトラ・テスト」に合格しているかどうかの基準になります。

判断基準の選択肢として用いることができるので
何かを伝えたいときは、この「シナトラ・テスト」を自分に問うてみることも重要だと思います。


シナトラ・テストに合格していると判断できれば
その事実を具体的に示すにはどうすれば良いかを考える段階です。

具体的な情報が入ったメッセージを作ることができれば、より信頼性が増し、伝えたい主張を受け入れられやすくなってきます。


シナトラ・テストに合格することよりも
その先の伝え方の方が格段に難しいと感じていますが、これはもう訓練しかないので、僕も実際の社会活動を通して実践していきたいと思います。

こういうことを知っているか、知っていないかで
せっかくのアイデアを素通ししてしまわないよう気をつけておく意識も重要ですね。


今回はこんな感じです。

ありがとうございました!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは他の方へのサポートと記事の購入と本を読むことに使わさせてもらいます。 読んで頂けただけでも、とても嬉しいです。 ありがとうございます。

あなたが幸せになりますように!
7
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。