【Day:27】自分の強みを知る②(学習欲)

見てくれてありがとうございます!

フォトスタジオを経営している荒井ゆうすけです。


前回に引き続き、ストレングスファインダーで知った自分の強みパート2をお送りしていきます。

1つ目の資質は「収集心」で、情報を集めることが好きで、その知識を使うことに喜びを感じられるという特性でした。

2つ目の資質は「学習欲」という結果だったので、どんなものかを書いていきます。


なんか小さいお店の運営方法もフォトスタジオの移転統合記録もだんだん関係なくなってきちゃいましたが、自分を知ることは全てに通じることだと、無理やり押し込んでいる状態です。

お付き合い下さいませ。


自分の資質を知ること

自分にはなんの資質もないんだと思ってしまう性格で、昔からある種の劣等感を持って生きてきました。

その状態は、誰にでも特有の資質があるという事実を曇らせて、見えにくくしてしまっていました。

自分が思い悩んでいた特性は、実は自分の欠点ではなくて、強みとして活かしていくことができると知れました。


人間は自分の強みを自然に認識できるようになっていなくて、本来強みとして顕在している特性でも、それは改善しないといけないものなんだと感じてしまいます。

もしくは、資質として存在していることが普通の状態に感じていて、自分はまだ足りないものだらけだと認識しているんだろうと思います。

自分の良さに自分が気付いていない状態です。


そうして今ある資質は見ないようにして、欠点だと思う部分を改善することに時間と労力を費やしてしまう。

防衛本能がそうさせるのかもしれませんが、これではストレス多き人生で、想像すると息が切れそうです。


自分の今ある資質を客観的に知ることができれば、その資質を活かして人生にのぞむという選択肢が生まれてきます。

どんな資質を持っているのかを知っていると、物事が起きたときに、その資質をどうやって使っていけばいいかを考えられるようになります。

自分なりの解決方法や、やり方を試すための土台を作ることができます。

知っているだけで、毎回、土台から作り上げていく手間を省くことができるかもしれませんので、自分の資質を知っておくことは必要なんじゃないかなと思いました。


独自の強み2.学習欲

独自の強み1でも見受けられたように、またもや知識を欲しているような結果が出ました。

この結果もまた思い当たる節が多くありました。


この学習欲という資質は、端的に言うと、学ぶことが大好きということです。

学びの結果ではなくて、学んでいくプロセスや能力を身につけた状態になっていくことでイキイキしていきます。


新しい事柄にふれるとぞくぞくして、それを学び取ろうと、早い段階で復唱や練習をしてスキルを習得し、そして自信が強まっていきます。


学習欲が強いから、短期間でも新しいことをたくさん学ぶことができて、さらにどんどんと新しいことに取り組んでいけます。


これらを満たしてくれる、変化が短いスパンで起きやすい職場環境が適しているらしいです。


この資質の活かすには、自分の一番学びやすいスタイルを作る必要があります。

僕は1人の環境で、集中して考えることが成果を出しやすいと感じているので、そのための環境づくりが必要なんだと思います。


学習の記録を取り、レベルアップを感じたら自分にご褒美を与えることも良いそうです。

これは苦手なことなので、まず自分へのご褒美はなんなのかを知る必要がありそうです。


技術や規則が常に変化する分野にキャリアを変更することも良いみたいです。

それらに対応することや挑戦することに意義を感じられるようです。


詳細がわからない状態でも臆することはないので、コンサルティング業務で能力を発揮できるかもしれないです。


考察

学ぶこと自体が好きという資質なので、学びがある環境や状況に興味をそそられるんでしょうね。

新しいことを知ることは割りと好きなので、気が付けば没頭しているときもあります。

状況が変われば、まずそれについて学ぼうとよく思いますし、そのために自分でテーマを作っていたりします。

学習するというプロセスが好きという部分はかなり当てはまっていて、習得していくことに喜びを感じますね。

資質1の収集欲とかなり似たような資質が顕在していて、それについても納得できるところが多々あります。

知りたがりの習得したがりなんですね。

なんかめっちゃ子供っぽい気が...いや、純粋だということにしておきます。

この学習欲という資質から得られた知識やスキルを使って、行動していけばより良い人生になるのだろうと思いました。

ただ、僕の5つ資質はかなり内向きなものに偏っている気がして、総じて行動力を身につけろと言われているようにも感じました。

ポジティブに考えると、行動さえ伴えば、結構すごいことになるんじゃないか?という期待も持つことができます。


残りの資質は明日以降、お伝えしていきます。

もしかしたら、自分の残り3つの資質を一気に紹介していくかもしれません。

あまりこれで長引かせても、どうかと思うので。


今回はこんな感じです。

ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは他の方へのサポートと記事の購入と本を読むことに使わさせてもらいます。 読んで頂けただけでも、とても嬉しいです。 ありがとうございます。

感謝があふれ出します!
8
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。