【Day:26】自分の強みを知る①(収集心)

見てくれてありがとうございます!

フォトスタジオ経営者の荒井ゆうすけです。


2018年にストレングスファインダーの本を買って、実際に自分の強みはなんなのかを調べていたので、今回からその調べた自分の強み5つを順に紹介していきます。


ストレングスファインダーは有名なので、知っている方も多いと思います。

人生を生きていく上で、欠点の修正ばかりに時間を費やしてしまい、大事な自分の才能の開発を妨げないようにすることが基本的な考えとして掲載されています。

この本の良いところは、自分が持つ資質は全て強みとして利用できるとして説明されていることです。

自分の中の「ちょっとどうにかして改善していきたいな」と思っていたことが、実は強みとして活かすことができると知れて、ポジティブな考えができるようになります。

そして調べた結果、その明示された自分の資質がすごく当たっていることにも驚きです。

調べるのはインターネット上で行いますが、書籍に付属している専用のコードが必要なので、ストレングスファインダーの本を買わないといけません。

購入できるリンクも載せておきますので、自分の強みの資質を把握してみたい方は、一度説明だけでもご覧ください。

中古品では専用コードが使えない可能性もあるので、新品を購入することをおすすめします。


独自の強み1.収集心

僕の資質で1番強く現れたのは、「収集心」でした。

より多くの知識を求める知りたがり屋で、ものを集めたり、あらゆる種類の情報を蓄積することが好きなタイプです。

特に情報を収集することを好み、読書が好きです。

知識欲が旺盛で、本の内容を流し読みしたり要点だけかいつまむことに意味を感じません。

細部まで読み込んで、その知識をため込んでいきます。

そうやって得た知識から相互のつながりを構築することができます。

本能的に複雑な手順の細部を説明することが多く、そのことで周りが仕組みなどを理解できるようになれます。

なんらかの複雑な手順のプロセスの大枠をまとめることで、満足感を得られます。


だいたいこんな感じの資質みたいです。

自分の行動に照らし合わせてみても、かなり当たっています。

本は最後まで1語1句もらさずに読みたいですし、同じ内容の本を一気に3冊くらい読んだりしています。

そこから得た知識をまとめて、自分の仕事に転用できないかをよく考えています。


強みとしては、この資質に従うだけで特定の分野の権威となれるところですね。専門家の道に進むことも視野に入れればいいみたいです。

権威になるまではまだまだな気はしますが、人より物事を多く調べたりすることはよくあります。

そしてその行為が全く苦には感じず、むしろ楽しいです。


気をつけたいことは、知識をためこむことだけで終わらせないようにしないといけません。

アウトプットもちゃんと行い、次のインプットに備えておかないといけませんね。

情報を集めることに満足するタイプなので、集めた情報から得た知識を活用して行動に移していくことも重要視しておきます。


この資質をもっと活かすためには、本や記事を読む時間をしっかりスケジュールに入れる必要があり、もっと意識して語彙を増やして意味を学ぶことが示唆されていました。

僕が今、1番に欲している時間の使い方のアドバイスがあって驚きです。

気が付いたら、時間の使い方や計画術の本や情報を調べていますから、やっぱり収集心が強いということには納得です。


自分の資質を人に説明するときは、誰かからの質問に答えることは楽しいということをあらかじめアピールしておくことです。

確かに何かを問われることが好きではあるので、こういう資質があったからなのかと納得です。


インプット過多におちいっていることに焦りを感じていましたが、それも強みとして転用することができると知れて、だいぶ気が楽になりましたね。


次回は、独自の強み2をお送りしていく予定です。


今回はこんな感じです。

ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは他の方へのサポートと記事の購入と本を読むことに使わさせてもらいます。 読んで頂けただけでも、とても嬉しいです。 ありがとうございます。

感謝があふれ出します!
10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。