【Day:98】分析と感情は反対の立ち位置。心に響かせたいなら?

見てくれてありがとうございます!


今回は自分の言いたいことや
伝えたい情報をどうやって伝えていけばいいかを
ダーっとまとめていこうと思います。

これらができれば
人生において、かなりメリットがあると思います。

できるようになるためには
まずは知ることから始めればよくて
その後に練習をしながら実践という流れになると思います。


今回は軽くまとめるような内容になります。


信頼性を増すための統計的な数字だけでは伝わらない

根拠の提示として、調べた統計をそのまま
数字として提示することはあると思います。

数字はないよりはある方が具体的に伝わりますが、注意しないといけないこともあります。

自分のメッセージに賛同してもらったり
協力を感情的にしてもらいたいときのことです。

人は物事の最初に頭で分析をしないといけない事柄を体験すると、論理的な思考を司る部分が活性化します。

感情を司る部分の活動が抑えられ、切り替えが難しくなるから、メッセージが響かなくなるという恐れが生じます。

この場合、統計の数字はそのまま出すのではなく
人間性がある言葉に置き換えてあげると
より感情的にも伝わりやすくなってきます。


伝わって欲しいターゲットの身近にあるものに置き換えたりするということですね。
(それが簡単にできたら苦労しない。)

大きい数字には権威性がありますが
それをより人に体感してもらうように
工夫することができれば

人にすごいと思ってもらえたり
これは大変だと、危機感を持ってもらったり
できるのかなと思います。


とりあえず、生のデータでは人の心は動かすことはできないと知っておき

どうやったら動いてもらえるかという工夫を
日々考えながら実践していくことが大事ですね。


どうやら、ほとんどの広告媒体や広報はこういうことができていないらしいので
こういうことをマスターすれば、自ずと階段を駆け上がっていくことになるんだろうなと思います。

知って、理解して、実践して、修正して、また理解して...

この繰り返しで成果を上げていきたいものです。


今回はこんな感じです。

ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは他の方へのサポートと記事の購入と本を読むことに使わさせてもらいます。 読んで頂けただけでも、とても嬉しいです。 ありがとうございます。

なついちゃったらごめんなさい!🐱
4

コメント1件

何に惹かれやすいかっていうのもあると思いますけど、確かに、数字を伏せていても人間味があるものに心を持っていかれますよね(,,>ω<,,)繰り返しと人の心は大事にしよ♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。