【Day:29】最近の読書の仕方。

見てくれてありがとうございます!


アイキャッチ、変えました。

中途半端な毎日投稿29日目で。


今までのだと、自分に「縛り」みたいなものを作っちゃっていて、自由さがなかったように感じました。

しばらくはこのアイキャッチで書いていこうと思います。多分。


今日は僕の最近の読書についてのお話です。

月で10冊以上、年間で100冊以上の本を読んでいて気が付いた、自分の読書法です。


最近の読書の仕方

本の読み方は人それぞれあって、どれが良くてどれが良くないかとかはないです。

ないんですけど、効果的かそうでないかはやっぱりあると思います。

科学的に証明されている読み方とかもあって、その通りにすれば、身につきやすくはなると思いますが、読書の楽しさを感じられるかどうかと言えば、疑問ですね。


読書の方法も、読書期間の段階によって読み方が違ってくると思いますし、内容の把握力も情報の受け取り方も違うと思います。

本を読んでいこうと決めて、読書はじめの時期は自分の読み方もどんな風にしていったらいいかわかっておらず、ただ闇雲に気になった本を手にとって、読んでいました。

なんのために本を読んで、その結果どうしたいのか?

という意識がなく、ただ本を読めば、何でも成功確率が上がる!

と、思い込んでいました。

今思うと、びっくりします。

ゴールを設定していないのに、ゴールできると思いながら走っているようなもので、そんな状態ではペース配分も、どのタイミングでフィードバックするかも考えられるわけありません。

そしてある程度読み進めていくと、気が付くんですよね。

「あれ、なんで本、読んでいるんだっけ?」と。


毎回そんなことになっていたら、さすがに何も学んでいないという証拠になるので、落ち着いてきていますが、最初は本を読んでいる自分に満足感を感じているだけの時期がありました。


というわけで、そんな自己満足な期間を脱した(?)僕の今の読書方法を書いていきます。


読む本の種類を1日に2冊にする

自己満足な期間を脱したというのは、それはそれ、これはこれ、と、区別できるようになったということです。

僕はただ意味もなく本を読むことが悪いとは思っていなくて、むしろ新しいジャンルの発見なんかもあるから、ただ読むだけも素晴らしいことだと思います。

だから自由に、趣くままに読むための時間も設定しています。

そのために1日に2種類の本を選んでいます。

特に決まりみたいなものは設けておらず、2種類でも3種類でも、1種類でもいいと思います。

気が乗らなければ、無理やり読もうとはしません。

自分用に決めているルールとしては、毎日必ず本を1冊は読む、としているので、これは守りたいです。

1冊を完読するのではなくて、選んだ1冊はどこまででもいいので読むということです。


1日の時間は限られていて、本を読んでばかりはいられないので、大体は1日に1種類か2種類になることが予想されます。

1種類は必ず読んで修めたい本、もう1種類は趣味的な意味合いや興味のアンテナを伸ばすための本というような位置付けにすればいいかと。

もうちょっと具体的に。

1種類目:読む目的がはっきりわかっていて、自分が何を得たいかを知っている状態で、知識を取りにいくための本。

偉人や先に行っている人の知識を借りて、自分も進んでいくための本です。

能動的に勉強しにいく姿勢で臨む本ですね。

がっつり、知の巨人たちの肩に乗りにいきます。


2種類目:ちょっと興味があったり、面白そうだと感じた本。

ジャンルは問わず、好きに設定しています。

ネットの記事を読んだり、みなさんのnoteを読んだりすることも含まれています。

小説も読みたいなー、と思っています。

どちらかというと、インスピレーションをもらいにいくというスタンスでいます。


僕のルールは1日に1種類の本は必ず読むことなので、この1種類目の本をなるべく早く読みたいときは、2種類目の本には移行せずに、続けて1種類目の本を読む日もあります。

ここら辺は自由ですね。

期限が決まっていることの勉強のための読書なら、続けて読みますし、いずれ必要になると決めたことの習得が目的なら、2種類目も設けるし、みたいな感じですね。

2種類の本を読む時間は朝と夜で、朝は6時半〜7時からお店がオープンする時間まで読んでいます。

夜は娘が寝てから自分が眠たくなるまで(もしくは、寝落ちするまで)の時間を読書や情報収集に使っています。


連続3冊は同テーマの本を読む

ただ読むだけでも、楽しさや充実感はあるからいいとは思いますが、せっかく読むのだったら、内容を理解して覚えて人生の役に立てたいと思っています。

僕の大体の読書は、自分で設定した課題を解決するための読書なので、得た知識を知恵に変えていかないといけません。

その課題もしっかり仕事(フォトスタジオ経営)に関わってくることなので、理解して使える状態にします。

それがなかなかできなくて、悩んだりした時期がありました。

取り入れたい知識や自分には足らないと思う知識がたくさんあって、早く読んでちゃんと理解して、みたいな時期です。

本の読み方の本を何冊も買って読んでもいましたね。

ある程度は参考になりましたが、やり方の合う合わないもあるから、それだけに頼るのは、どうかな?と思います。

一番読書に効いたのは習慣にして続けるということなのですが、習慣化の話はまた別に譲ります。


色々な読み方を試した上で、今の一番いいなと思う読み方は、連続で3冊の同じテーマを扱った本を読むことです。

マーケティング関係×3冊

ファイナンス関係×3冊

心理学系×3冊

みたいな感じで、まとめて読みます。


1冊目は比較的、自分が簡単だと思える書き方に仕上がっている本を選びます。

そして一旦読み切って、2冊目にいきます。

そうすると、違う言い回しだけで内容は同じことが書いてあるところを何ヶ所か見つけることができます。

見つけられたということは、ある程度は覚えられているということなので、自信にもつながりますね。

2冊目も読み切ります。

そして3冊目。

3冊目にもなると「あー、これはあのことね!」と全部を読まなくても、もしくは、内容を目で追うような読み方でも頭に入ってくると思います。

僕は「学習欲」の資質があるので、(詳しくはストレングスファインダーで調べた僕の資質の回をご覧ください)読み飛ばしはしたくなくて、最初から最後まで読みますが、3冊目は飛ばし読みでもいいかもしれません。

内容をある程度、理解している状態なので、2冊目、3冊目と進めていくうちに、読む速度は早くなっていると思います。


3冊の本は読むときは連続に読みますが、買うときは別々でもいいと思います。

必要だとか、読んでみたいとか、ベストセラーとか、まず指標になる本を好きに買えばいいですね。

その中から深めたいテーマの本が見つかれば、同テーマのものを探してみる、というやり方です。

何冊か別テーマの本を買ってあって、そっちも読みたい状態なら、上で説明した1日に2種類の本を読むの項目に当てはめて、その本は2種類目としてあげれば、気軽にも読めると思います。


今は知識を使えるようにするために、こうやって本を読んでいます。

このやり方で、休日も合わせると、週に3〜4冊くらいのペースで読んでいけますね。

前は1日に6冊読み切っていたときもありますが、理解をしていない、知識を使えない状態では意味がないと思い、速読的な読み方はやめました。

代わりに、実生活や仕事でも知識が使えるように理解を深めることが大切だと思います。

もっと早く内容を理解しながら読めるようになり、どんな状況でも、得た知識と知識を掛け合わせて、結果を出していけるようになりたいものです。

当面の悩みは、夜の読書中の寝落ちです。


今回はこんな感じです。

ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは他の方へのサポートと記事の購入と本を読むことに使わさせてもらいます。 読んで頂けただけでも、とても嬉しいです。 ありがとうございます。

今日が素敵な日になりますように!
14
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。