家事代行 Casy(カジー)を試してみた! 2時間でお部屋が半分綺麗になったよ!

わがカップルは極めて整理整頓が苦手で、特に私は人並み外れて家事が苦手なので、油断すると、部屋がオモチャ箱の中のようにぐちゃぐちゃになります。

ここ数ヶ月、ベッドと人をダメにするソファの上だけが足の踏み場で、ちょっとそろそろ限界にきていたので、思い切って、ネット検索で上の方に表示されてきた家事代行サービス「Casy(カジー)」を試してみました。

2時間 6,100円でした。


01:申し込みはネットで完了。とても簡単

申し込みは簡単で、Webサイト、または、スマホアプリから。

https://casy.co.jp/

ログインは、FacebookやLINEアカウントを使えるのでラクです。

UIデザインがシンプルなので、画面のフォームにしたがって、部屋のスペック、依頼内容、入力し、次へ、次へ。

カレンダーの空いているところから来てもらいたい日時選んで(定期訪問を選択すると時間単価が安くなります)事前カード決済するだけ。
※アプリでも同じことができますが、依頼日時はカレンダーで一覧できるPCサイトの方が見やすくてオススメです。


申し込みが完了すると、通知メールがきます。前日にもリマンドメールが届くので安心です。

02:当日。2時間で家の半分が綺麗になりました!

時間通りにスタッフさんがいらっしゃって、簡単なヒアリングのあと、すぐにお掃除に入っていただきました。

わたしたちがもっとも改善を要する魔窟全体の「整理整頓」については、探検するだけで2時間を超えるだろうと思い、パス。

「キッチン魔窟(見たい方は、動画をご覧ください 笑)」「水回り」「床掃除」のみお願いしました。

これはもうだいたいキッチンが片付いたあとの絵です(笑)

キッチン床掃除のあいだ避難させた椅子など(笑)

使ったことがない器具でシンクをこする音が響く中、キッチンが綺麗になるまで約1時間。残りの1時間で、お風呂、トイレ、洗面台の水回り、あとは床の掃除機がけ&床拭き。

じゃーん。ぴかーーー! 人の住処になりました。


03:もっと!早くお願いすればよかった!

たった6,100円で、家の半分(35平米程度なので)が綺麗になるなんて...!!
あの片付けられない罪悪感と日々戦ってきた数ヶ月(たまに掃除する)はなんだったんだろう... と、後悔しきりです。
たった6,100円。飲み会1回分!

お掃除の間、お出かけしたり、ゴロゴロしていてもいいのですが、やはり母親くらいの方が働いてる姿を見ると、ゴロゴロもできず、一緒に働いてしまいます。(といっても洗濯物をノロノロ畳む程度ですが)結果、1.3馬力くらいになって、掃除のスピードがあがるわけです。

今回は掃除のみだったのですが、隔週でも来ていただいて部屋を把握してもらえると、整理整頓についても相談しながら、わずか月1万円程度で、部屋のクリーンを保てるようになるわけです。
※整理収納アドバイザー資格など持っている方も多数在籍

お掃除代行は「ベアーズ」など老舗もありますが、ネックだったのがその単価。エアコン清掃が1万円とか「そんなんもう新しいの買うわ!」みたいな価格だったので、これはもう、通ってもらうっきゃない! と思いました。


04:ちょっぴりお話をおうかがいしました

見たことのない洗剤や道具もあったので、お掃除のあと、

「掃除研修などあるんですか?」とうかがうと、
「特にないので、みなさんそれぞれ自己流です。ただ、月に1度スタッフ交流会があるので、そこで情報交換をしたりしています」とのこと。

今回来てくださった方は、定年退職後、介護のかたわら、空いてる時間に「カジー」のお仕事をされているそうです。
時給にも納得感があり、資格や、指名、人気に応じて昇給するなど、やりがいもあるそうで、楽しくお仕事されている、とのことでした。

確かに、お掃除レベルについては、「なんだこれ、新築か!? 貴様どんな魔法を使ったんだ!?」というほど過剰にピカピカにして頂くわけではなく、ところどころ甘さもある仕上がりなのですが、私は、訓練された超プロによる時間単価5,000円のスキルより、時間単価2,500円でそれなりに綺麗にしてもらえる方が断然良いです。(どうせまたすぐ汚すし)

会社も?スタッフも顧客も嬉しい、とても良いサービスだなぁと改めて思いました。


05:最後に

煩雑な手続きをネット完了することで、使い手も働き手も負担の少ない、ネット手続き完結型家事代行サービス。

これまで、「家事=仕事ではないから対価が派生しない」と、世の中の専業主婦の心を蝕んだり、逆に「家事は年収1千万の価値がある」などとこの年収300万円時代にとんでもないことを言い出して夫婦喧嘩の原因になることもある家事問題。

主婦の方がこれまで培ってきた家事スキルにこうやって適正な市場価格が生まれたのはとても良いことだなぁと思いました。

これからも苦手分野はどんどんアウトソースしていく予定ですが、家事代行はまだ使い始めなので、まずは色なサービスを、使ってみたいと思います。


※noteの記事はRAKUNI(ラクニ)
オウンドメディアの一環として書いています

「使いやすい」を徹底追及した新しい時代のスマホケース「RAKUNI」(ラクニ)のスマホケースは、ちょっと珍しい、背面手帳・お財布一体型カバー。 スマホの画面に即リーチでき、スマホ本来の機能を邪魔せず、カードや紙幣がたくさん入るようにデザイン。よりスリムに、より持ちやすく、使いやすさを徹底追求しました。 クレジットカード・名刺・紙幣などがたっぷり収納でき、このケースひとつでマストアイテムをスマートに持ち運べます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけると励みになります✨

ありがとうございます🥰 "スキ"はやる気の源です🔥
59

イチオシ製品やサービス

個人的に好きな製品やサービスを紹介します。ときどき自社製品も掲載するのでご容赦ください。
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

1.3馬力に笑った。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。