見出し画像

スルメバンドになりたい

噛めば噛むほど味が出るようなスルメバンドになりたいのです。ストリーミングとかYouTubeでいろんな音楽が聴けてしまうこのご時世、1つのバンドの賞味期限も短くなってる気がしてます。でもせっかく聴いてもらって、少しでも良いと思っていただいた方には、もっと興味を持ってもらえるようなバンドになりたいのです。

ということで、今のコンテンツ状況を整理することにしました。何のコンテンツをどう配置しているのか整理して、現状で足りてないコンテンツを考えて、どう配置していこうか練ってみようかと。

基本的にすべての情報をホームページに集約していて、リリースしている音源はストリーミングサービスや音源購入に飛べます。バイオグラフィやライブ情報も掲載。まだ少ないですが、公開しているMVも視聴可能です。でもこれだけだと普通の話。PICTURE ROOMの活動を始めてまだ8ヶ月弱ですが、これまで聴いていただいた方々にたくさんのご意見やヒントをいただいたので、それを深掘りコンテンツ化していこうと思います。

まず基本となるのは音源。バンドなんだから曲ですよね。基本的にはアルバムという形でリリースを続けて、ストリーミングサービスなどでご視聴いただけるようにしていきます。でもせっかく自分たちで作っているのだから、アレンジバージョンとか、少し路線の違った曲とか、スピンオフ的な曲も上げていこうかと思ってます。bandcampを活用して、「え、こんな曲も作ってたの⁉️」って驚いてもらえるような音源の貯蔵庫を作ろうかと。

次にCDとかカセットとかフィジカルなコンテンツ。これはBASEというサービスでオンラインショップを作っていまして、今後はここで「手作り」を基本としたフィジカル作品を載せていきます。フィジカル作品限定のアートワークやトラックで仕立てる予定です。来月に作品を1つお披露目できそうです。手作りなので、毎回数量も作れないし、仕上げに粗が目立ったりもするかもしれませんが、ご容赦くださいませ。

あとはこのnoteというサービスを使って、一歩踏み込んだコンテンツを置いていけたらと思っています。すでにマガジンとして掲載している、何を思って作った曲なのかとか、イラスト作品の原画やボツ案とか、バンド活動での学びや思うところといったコラム 的なものとか。今後はメンバーの機材セットのご紹介とか、なんかいろいろ試しながら載せていこうと思います。

ライブにお越しいただいたり、音源を購入いただいたりした売上は、すべて制作につぎ込んでいき、コンテンツ制作を常にアップデートしていきたいと思っております。そのためには、皆様のご意見があるととても嬉しいですので、もし何かあればぜひ教えていただけると幸いです。

まだまだ楽しんでいただけるコンテンツは少ないですが、今後ともよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございますm(__)m
9

PICTURE ROOM

ちょこっと踏み込んだコンテンツを公開しています。

音楽コラム

音楽のコラムです。目線も様々です。暇つぶしにどうぞ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。