女性向風俗レポ(雑感)前回のお兄さんに会ってきた

こんにちは。
前回書きました、女性向け風俗レポで対応いただいたお兄さんをまた指名して会ってきました。その時の雑感を書きたいと思います。

お兄さんは2月デビュー。口コミ投稿からみると私と会うまで5人を経験。前回の私の対応の時、ちょっとまだ慣れてない感じがあったので、今回はどうかな。。。?と思ったけれど、かなり成長していて驚いた。

私が髪を結ぼうとした瞬間に髪留めを出してくれた。私が脱いだ洋服、ブラとパンツをちゃんとたたんで一箇所に置いてる!シャワーに誘導する前に事前のお湯の温度調整、シャワーへ導いてからベッドの流れがスムーズ。台詞を読んでいるような話しぶりもやわらかくなって、聞けば割とプライベートなことも話してくれる。仕事を感じさせない彼氏とホテルに来ているような雰囲気作り・・・。いろんな事が前回に増して出来るようになってた。

お兄さんに会うと私はすごく元気になれるし、いろいろもらってばかり。前回と今回の間、何人かお客さんを経験して、お客さんからたくさん学んだんだんだろうな。。。私はなにか、お兄さんのお仕事に役立てられるヒントを与えられているかな・・・と思うと、少し切なくなくなる。

        *****

岩井俊二監督の「リップヴァンリンクルの花嫁」という映画がある。

coccoが演じる役の台詞で「この世界はありがとうに満ち溢れている。私に対していろいろしてくれるとありがたくて胸が苦しくなり、私はそのありがとうを感じる限界が人よりも早く来る。だから、その苦しみを軽くするためにお金は存在しているんだと思う。」と。

私は、映画を見た当初、あまり意味が分からなかったけれど、お兄さんに会ってから、その台詞の重みを感じて胸がいっぱいになる時がある。

私が予約を入れてから、前回私がこういうのが好きだったからこうしよう。とか、いろんな備品やプレゼントを用意したり、メールの返事に負担かけさせない文面にしようとか、待ち合わせ場所とか、当日の為にいろいろ考えてくれたんだろうな・・・お兄さんは普段、週5土日休みの仕事をしているのに、本当にありがたいな。と思う。

今回は、前回のような詳細なレポは書かないつもりだったので、自然に楽しみました。次回、また少し成長して、違った顔のお兄さんに会いに行きたいな。と思う。

8

豚セレブ

noteはじめました。無課金でお楽しみいただけます。 よろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。