もしかすると、私は話を真に受けすぎるらしい。冗談と本音、愚痴と本音の違いがわからない。

私は話を真に受けすぎるらしい。つまり、冗談が通じないらしい。

なぜ、「らしい」なのか。

それは、今まで自分を「冗談がわかる人」と思ってたから。

でもそれはちがった。

例えば、「会社が辛い・・・」と言われて、あなたのキャリアは素晴らしいから、こういう方法で転職したらしいいんじゃないか?こういった方法もあるんじゃないか?どんな生活が理想なの?といろいろ聞いたら、

「え、辞めないし・・・」

「え?!( ;∀;)」


「あの人が苦手で・・・」と言われて、こんな風に言ったらいいんじゃない?共通の友人に相談してみたら?距離をとるには、こういう方法があるのでは!などなど言ったら

「・・・・(無言)」

「え?!( ;∀;)」


夫に「新しくYシャツ買ったんだけど、サイズ間違えたから切り裂いてぞうきんにする」と言われて、それはもったいないから、メルカリにだしたらいいのでは?!いや、ヤフオク?サイズ直し頼もうか?!と言っていたら

「冗談だし・・・」

「真顔で冗談いうなよ~!!!!!」( ;∀;)


自分は、話している相手が求めてないことを言ってしまったり、話を真に受けて冗談が通じなかったりすることがある。このことにこの年齢にしてわかったのです。

どおりで、うまくコミュニケーションとれないわけだ!今までいらぬことを沢山言ってしまって申し訳なかったな。嫌な気持ちになった人もいただろうな・・・すみません。

話している相手がどんなふうに感じているのか、どう思っているのかを考えて話すようにはしているけど、全然できていなかったんだと、反省です。

日々、精進です。








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

PIPPOに興味を持ってくださりありがとうございます。PIPPOの運営費に使わせていただきます。

ありがとうございます!
1

PIPPO

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。