第148号『チェイサーゲーム 外伝 -破邪の封印編①-』

これは漫画『チェイサーゲーム』の外伝シナリオになります。

単行本出版時に描きおろし漫画として掲載予定の原作を先行公開するという暴挙企画です。(たぶん一番驚いているのは今コレを読んでいる漫画家・松島幸太朗とファミ通編集担当だと思います)

今回の『外伝』は漫画『チェイサーゲーム』に登場するウオカワ(魚川貴央)を主人公とした物語です。

どうやって“彼”が誕生したのか?

ひとりのゲームクリエイター誕生の物語です。

*****

【チェイサーゲーム 外伝 -破邪の封印編①-】

魚川貴央(うおかわたかひろ)の家庭は決して裕福ではなかった。

父は兵庫県神戸市にある市場の露天商を営み、ミックスジュースと焼き芋の販売で生計を立てていた。市場を訪れる観光客を相手に新鮮なフルーツを使ったミックスジュースを飲んでもらい、焼き芋を食べながら市場を闊歩してもらう。それだけで良かった。

父は木訥(ぼくとつ)でまじめな性格ではあったが、同時に母はそれが気に入らなかったようだ。

母は露天商を手伝うことをせずに自身で事務のパートで働き独自に生計を立てるようになった。

そして二人はやがて離婚することになった。

この続きをみるには

この続き:711文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り27/ 30

第148号『チェイサーゲーム 外伝 -破邪の封印編①-』

松山 洋 サイバーコネクトツー

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
18

松山 洋 サイバーコネクトツー

株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 ゲームソフト開発タイトル代表作『.hack』シリーズ 『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメット』シリーズ 『ジョジョの奇妙な冒険』 著書『エンターテインメントという薬』『熱狂する現場の作り方』漫画『チェイサーゲーム』

週刊少年松山洋

家庭用ゲームソフト開発を行うゲーム会社・株式会社サイバーコネクトツー代表取締役・松山洋の継続課金マガジン。購読いただくとその月の記事は全て見れますが、前月までの記事は個別に購入いただく必要があります。なので早めに購読いただいた方が良いと思います。転載は禁止ですが記事のリンク...
1つ のマガジンに含まれています

コメント3件

焼き芋とミックスジュース買ってきます
人を驚かせるのが好きな人だとは思っていましたが^^;
まさかあの作品が魚川の人生を決めるきっかけになったんですね…!漫画と現実がリンクしすぎてすごい面白いです!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。