第117号『給料ってどこから出てるんですか?』

ゲーム会社の社長をやっていると、色んな人と出会います。

会社の中で開発をやるだけでなく、外に出てたくさんの人と会って情報交換することもその役割のひとつだと思って私は日々様々な交流会に出向きます。

ゲームクリエイター・出版社・漫画家・アニメーター・映画製作会社・広告代理店・音響制作会社・声優・舞台俳優、色んな人と出会って色んな情報交換をします。

ただ“雇われている人”と“雇う人”では明らかに視点が異なります。

今回はそういう“視点の違い”の話です。

定期的にやっている交流会のひとつに『社長会』というものがあります。

ゲーム会社やイラスト会社やアニメ会社・アプリの会社、みんな業種は様々ですが、立場は代表取締役=社長のみで構成された交流会です。

社員の前ではなかなか口に出来ない悩みだったり、経営的な相談や情報交換をしたりする会です。

先日、その交流会の場であるゲーム会社の社長がこんなことを言ってました。

“こないだね、ウチの若手のスタッフと飲んだんだけど。せっかくなので何でも質問してよ、って若手に言ったら「ホントに素朴な疑問なんですけど質問していいですか?」って聞いてくるから「いいよ」って伝えたら、「会社の給料ってどこから出てるんですか?」って聞いてきたのよ。さすがにショックで言葉が出なくてさ。”

“「お前の稼いだ売上から出てんだよ!」って怒鳴ったら静かになっちゃって。「え、なんで?なんでそんなことを疑問に思ったの?」って聞いたら「だって会社が赤字の時でも給料が出てるので一体どうなってるのかと思って聞きました」って言われてさ。本当にショックで。みんな自分の会社でその辺の社員教育ってどうしてる?”

『社長会』ではこういった具体的なエピソードが飛び出してくるワケですよ。

そうして集まった社長同士の意見交換が始まります。

“うーん、ウチのスタッフもわかってなさそうだなぁ”

“ウチは入社時の研修で「お金の仕組み」については説明してますね”

“自分が普段やっている仕事とお給料は直結して考えてないだろうねぇ”

“会社には色んな部署があって自分以外のどこかの誰かが稼いでくれていて、自分のようなヒヨっ子の分まで給料が出てるて思っているのかもしれませんね”

“単純に不思議なチカラで【社長がなんとかしてくれてる】って思ってるヤツもいるかもですね”

“そんな錬金術なんて無いのにね”

“単純に借金してるだけだよね、銀行から”

“それを一時的なものにして期日までになんとか帳尻を合わせるだけ”

“それが間に合わなかったら潰れるだけだよ”

“けど、これをイチ社員に理解しておけって言うこと自体が土台無理な話だよね、わかるわけがないよ”

“そうだね、けど何にも知らない馬鹿は社会人として恥ずかしい思いを本人がしてしまうことになるから、やっぱりちゃんと教育していかないとね”

“ねえ、お互いの会社でさ、そういう研修とかの情報交換やらない?”

“もしくはお互いの会社にそれぞれ出向いて講演やるとかね、スタッフさん向けに”

“あー、いいねぇ、ちょっと具体的な打ち合わせの日程決めましょうか”

“誰が仕切りやります?”

“じゃあ、今回は私がやりますよ、言いだしっぺだし”

“あとはLINEグループの『社長会』でスケジュール決めましょう”

かなりリアルに書いてしまいましたが、ほぼこういうやりとりが行われ具体的なスケジュールの話までして実際に決めたりしています。

しかし、さすがに私も話を聞いていてショックでしたね。

“会社の給料ってどこから出てるんですか?”

ウチのスタッフはさすがにここまでわかっていない人間はいないと思いますが。(研修もやってるし、このnoteの『週刊少年松山洋』の原稿も社内で公開してるし)

ただ、一般的にもイチ社員というのはお金の仕組みや会社の仕組みっていうものを意外と考えてないのかもしれませんね。

ふむ。

近日中に【お金にまつわる話】をこの『週刊少年松山洋』で書いてみようと思います。リクエストがあればコメント欄にお願いします。

有料部分は先週の反響が大きかった記事“第115号『イラストレーターを安易に目指すな』”に関するこの1週間の出来事をお話しします。

まぁ、ただの内緒話です。

この続きをみるには

この続き:2,028文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り19/ 30

第117号『給料ってどこから出てるんですか?』

松山 洋 サイバーコネクトツー

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
35

松山 洋 サイバーコネクトツー

株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 ゲームソフト開発タイトル代表作『.hack』シリーズ 『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメット』シリーズ 『ジョジョの奇妙な冒険』 著書『エンターテインメントという薬』『熱狂する現場の作り方』漫画『チェイサーゲーム』

週刊少年松山洋

家庭用ゲームソフト開発を行うゲーム会社・株式会社サイバーコネクトツー代表取締役・松山洋の継続課金マガジン。購読いただくとその月の記事は全て見れますが、前月までの記事は個別に購入いただく必要があります。なので早めに購読いただいた方が良いと思います。転載は禁止ですが記事のリンク...
6つ のマガジンに含まれています

コメント2件

「会社の給料ってどこから出てるんですか?」って聞いてきた人の気持ち、わかります。

確かに赤字の時にどうやってお給料を払ってるのか不思議ですもの。

もちろん、「黒字の時にお金をプールしておいて、赤字の時期に備えているんだろうな」くらいの予測はできますけど、それって頭の中でしかわからないんですよね。

頭の中だけではなくて実感としてわかるのは、実際に会社を経営したことがある人だけなんじゃないでしょうか?

そういう意味では、いくら研修で会社の仕組みを語ったとしても、本当には理解してもらえないと思います。

もしも、心や体で理解してもらうなら、やっぱり実際に経営に関わってもらう必要があるかと。何らかのプロジェクトや部署を任せてみるとかして。

いや、必ずしも実際のプロジェクトとか現実のお金を扱う必要はないんですけど。
たとえば、小学校の「お店屋さんごっこ」みたいな感じで。小学生よりはもっと高度なレベルで、ゲームやアニメの制作会社の社長になってシミュレーションしてもらうといった形ですね。
ゲーム会社の多くはプロデューサーやプロジェクトリーダー・ディレクターには予算とスケジュールを把握・共有していますので“お金ってどこから回ってくるの?”という人間はいないとは思います。

ただ、おっしゃるとおり現場で開発だけを集中して行っているスタッフのひとりひとりが認識できているかと言うと、なかなか難しい所でしょうね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。