第166号『NARUTO-ナルト-』の最終回を書いてください 前編

“新卒でゲームデザイナー(企画)として入社した例はありますか?”

“全くの異業種からゲームデザイナーになった人はいますか?”

採用に関する説明会を実施すると後半の質疑応答でこんなことをよく聞かれます。答えはもちろん“あります”よ。新卒でも中途でも異業種からの転職でもゲームデザイナーとして採用してきた例はたくさんあります。

しかしやはりゲームデザイナーという職種は特別で正直ハードルは決して低くありません。が、必ずそのハードルを飛び越えてくる人間が存在します。

今回はそんな“ある男”の物語を紹介します。

その男は22歳で大学を卒業後、会計ソフトの会社に就職して営業職として働いていました。福岡での研修を終え東京への配属が決まって忙しく仕事をしていましたが、ある時ふと考えました。

“あれ?俺の人生ってコレでいいんだっけ?コレが俺がやりたかったこと?俺が本当にやりたかったことってなんだったっけ?あ、ゲームだ、俺はゲームクリエイターになりたかったんだ!”

そう気づくともう止まりませんでした。就職して1年足らずで会社に退職願を出して東京から福岡に戻ってきました。

親に頭を下げて頼み込みました。

“1年でいい。実家に置いてくれ。その間にゲームクリエイターとしての能力を身に着けて就職してみせるから”

そういうと父親から“まあ25歳くらいまでは色々やってみたらいい、自分が納得いくように頑張れ”と言われて更に意識と熱は高まりました。

“絶対にゲームクリエイターになる”

それからゲーム業界のことを学び、制作・開発に関する知識を身に着けるためにたくさんの本を読んで研究しました。

“うん、俺がやりたいのは企画だ、ゲームデザイナーだ、ゲームシステムとシナリオの融合と調和を作りたい、シナリオ系の企画マンになるんだ”

方向性を定めたら次はたくさんのゲームソフトを遊びました。ノートにメモを取りながら。分析・分析・分析・分析・研究・研究・研究・研究。

――――それから1年後。

サイバーコネクトツーに応募書類が届きました。

男の名は藤野成章(フジノシゲアキ)、この時24歳でした。

【『NARUTO-ナルト-』の最終回を書いてください 前編】

この続きをみるには

この続き:1,691文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り16/ 30

第166号『NARUTO-ナルト-』の最終回を書いてください 前編

松山 洋

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
23

松山 洋

週刊少年松山洋

家庭用ゲームソフト開発を行うゲーム会社・株式会社サイバーコネクトツー代表取締役・松山洋の継続課金マガジン。購読いただくとその月の記事は全て見れますが、前月までの記事は個別に購入いただく必要があります。なので早めに購読いただいた方が良いと思います。転載は禁止ですが記事のリンク...
1つのマガジンに含まれています

コメント1件

続きが気になります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。