第130号『スランプになんてなったことが無い』

昔から嫌いな言葉があります。

【スランプ】という言葉です。

実際私はこの言葉を使ったことがありません。

いつの頃からだったか?

恐らくは小学生時代。

当時私は絵を描くクラブに入っていてそこにいた同級生が

“最近スランプで絵が上手く描けない”

ということを言っているのを聞いて違和感を覚えたのが最初だったような気がします。

スランプの意味は“不調・調子が出ない”です。

言葉の使い方としては決して間違えているわけではないのでしょう。

ただ、やはり私は違和感を覚えました。

スランプ(不調)の反対の意味は?絶頂?絶好調?

“では逆にお前は絶好調だった時があるのか?”

子供ながらにそう思いました。

子供だからこそ、かもしれません。

“まだ何者でもなく伸び代しかない人間がこんなにも早く使っていい言葉なのか?それ”

これが違和感の正体。

結局その時の体験から現在に至るまでずっとその違和感は解消されることもなく続いていて、今現在も【スランプ】という言葉に対して潜在的に嫌悪感を持っています。

たぶん、ある種の“呪い”のようなもので私個人の問題なので気にしないでください。

“え、オレ割と簡単にスランプって言葉を使ってるけど、なに?喧嘩売ってんの?”

ってな感じで喧嘩腰にならないでくださいね。

どんな言葉を使おうが個人の自由ですので。

ただ私は(呪いのせいで)この【スランプ】という言葉を使わない、というだけの話です。

生来、“自分の可能性を信じて疑わない”という性格から“俺の絶頂や絶好調はまだ来ていない。というかたぶんずっと来ない。俺はずっと完成しない。常に進化し続けるモンスターであるべきなんだ。だから【スランプ】という言葉は使わない。俺は【スランプ】になんてなったことがない”って思ってる痛い奴の戯言です。

さて。

普段からこういうことを言ってるせいか、周りからよくこんなことを言われます。

“なんでそんなに自分は正しいって信じられるんだ?お前は。その自信はどこから来るんだ?間違えることだってあるだろう?あっただろう?”

逆になかなか辛辣なご意見だなぁ、とは思いますが。

もちろん、間違えますし、間違えたこともたくさんありますよ。

失敗なんて毎日しています。

上手くいかない毎日ですよ。

その都度大いに反省して“次”に生かせるように繋げていきます。

ただ自分で自分を信じられなくなったら生きていけないでしょう。

私は自分自身を絶対的に信じています。

最大の応援者であり支持者は自分です。

『ザ・ワールド・イズ・マイン』という漫画に

“俺は俺を肯定する”

という言葉が出てきましたが、まさにソレです。

ただ、何度も言いますがそれでも毎日のように失敗はしますし、上手くいかないことを大いに反省はしていますからね。

ただ、後悔はしないだけです。

失敗したこともそれを受けてまた新たな経験から誕生する対策や秘策により更に強化されていく自分のことを信じているだけですね。

たぶん中学2年生(14歳)くらいからこの性格です。

人は一度、14歳で完成するんだと思います。

ベース(基盤)が出来上がるのは14歳。

そこから先は全部“足し算”なんだと思います。

40歳を超えてもずっとそれまでの経験は自分にとっての“足し算的プラス効果”しかないという感じです。

そう思っています。

おめでたい性格であることと、自分が完成したのが14歳で良かったなぁと思っています。

有料部分はそんな私の【心の整理法】についてお話します。

おめでたい性格ではあっても、決して傷つかないわけではありませんしヘコまないわけでもありません。ちゃんとしっかりダメージは受けます。ショックな事があったり嫌なことを言われたり理不尽な目にあってどうにも出口が見つからなくて飲み込むしかない瞬間だってあります。そうしたモヤモヤを心的に解消させるためにやっていることですね。

それでは【松山式・心の整理法】です。どうぞ。

この続きをみるには

この続き:1,872文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り24/ 30

第130号『スランプになんてなったことが無い』

松山 洋 サイバーコネクトツー

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
23

週刊少年松山洋

家庭用ゲームソフト開発を行うゲーム会社・株式会社サイバーコネクトツー代表取締役・松山洋の継続課金マガジン。購読いただくとその月の記事は全て見れますが、前月までの記事は個別に購入いただく必要があります。なので早めに購読いただいた方が良いと思います。転載は禁止ですが記事のリンク...

コメント3件

初めまして。ジョジョのゲームプレゼン時の松山さんの凄まじい作品への熱量を感じてからのファンです。
私もうまくいかなくてクヨクヨしてしまうことがあるのですが、こうして具体的に(基盤の話含む)手法を紹介してくださったので次に何かあったときに栄養ドリンク変わりにやってみたいと思います。

また、基盤差し替え法の【煉獄】のネーミングの、中二感と前向きなはずなのになぜか自虐的なところもシンパシーを感じて好きです(笑)(失礼なことを言っていたらすみません!)

これからもご自身にも周りにも厳しい松山さん語録を(もちろん新作ゲームも)楽しみにしています!
ありがとうございます。前に進む以上は必ずプラスとマイナスにぶち当たりますから。全てを覚悟の上で進んでいく毎日です。2019年も真っ裸で行きますのでどうぞよろしくお願いします。
仕事で失敗し、まさに自分に自信が持てなくなってしまった時にちょうど目に留まったので読ませていただきました。
心の整理法はどれも具体的でわかりやすく、メディアでしか見たことない松山さんにポンと背中を叩かれたような、力強い文章でした。
これからの記事更新、楽しみにしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。