第101号『お金がない!』

ゲームクリエイターを目指す人、漫画家を目指す人、アニメーターを目指す人、エンターテインメント業界を目指す若者の多くがよく

“○○したいんですけどねぇー。お金がないんですよね……”

なんてことを口にされます。

“たくさんの本を読もう!”

“なるだけ多くの作品を観よう!”

“様々なゲームソフトに触れよう!”

こういった“業界に入るためにはたくさんの作品を見ておこう!”という言葉をかけると出てくるのがだいたい“出来ない理由”でその原因の多くが“お金がない!”ということ。

もちろん映画を観るのにも、漫画や本を読むのにも、ゲームソフトを遊ぶのにもお金がかかります。

だから観れない・読めない・遊べないというわけです。

“本当にそうでしょうか?”

“本当にお金がないと読めないし遊べないのでしょうか?”

私も学生時代はお金がありませんでした。

もちろんアルバイトはしてましたがそんなに大金を稼げるわけもありませんし、交友費にもお金は使ってましたし、バイクに乗ってたのでガソリン代もかかってました。

やっぱりお金なんて常に“足りない!”って状態でした。

どの時代の若者も一緒です。

若者はお金を持っていません。

けど、だから、全然アニメが観れなかったかというとそうでもないし、漫画も本もたくさん読んで、ゲームソフトもそれなりに遊んできました。

いや、それなりどころかどんでもない数の作品を観て遊んできました。

お金がなかったからこそ工夫をして作戦を立てて日々を過ごしていました。

今回は私自身が若い頃にどうやって“お金がない”状態でたくさんの作品に触れて観て遊んできたのか?その工夫と戦略を紹介します。

この続きをみるには

この続き:1,639文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り12/ 30

第101号『お金がない!』

松山 洋 サイバーコネクトツー

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
40

松山 洋 サイバーコネクトツー

株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 ゲームソフト開発タイトル代表作『.hack』シリーズ 『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメット』シリーズ 『ジョジョの奇妙な冒険』 著書『エンターテインメントという薬』『熱狂する現場の作り方』漫画『チェイサーゲーム』

週刊少年松山洋

家庭用ゲームソフト開発を行うゲーム会社・株式会社サイバーコネクトツー代表取締役・松山洋の継続課金マガジン。購読いただくとその月の記事は全て見れますが、前月までの記事は個別に購入いただく必要があります。なので早めに購読いただいた方が良いと思います。転載は禁止ですが記事のリンク...
4つ のマガジンに含まれています

コメント5件

そーゆーのもいいですねー!
今はプラスして低額でも利用できるサービス(レンタル、ネットカフェ)や現金化するサービス(ポルカとか)もありますしね(それが良いか悪いかはまた別の議題なので割愛)

なんにでも『どうしようか?』て考えてKUFU工夫することも先に繋がりますよね。
ぴろし社長の若い頃のお話、とても興味深く拝見致しました(*^_^*)

たくさんお仲間がいらしたんですね。

今、皆さんはどこでどんなお仕事に就いていらっしゃるんでしょう?

そんなことをちょっと思いました。
かつての友人たちはやはりバラバラですが。漫画家になったやつ、アニメーターになったやつ、街のデザイン事務所で働いてるやつ、フリーのイラストレーターになってるやつ、エンタメとは関係が無い仕事に就いてるやつ、など様々ですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。