04_外伝カット

第173号『チェイサーゲーム 外伝 -それぞれの休日編-』

漫画『チェイサーゲーム』のいずれ発売されるであろう単行本第2巻の巻末に収録される描きおろし短編の原作を先行公開します。

ちなみに1巻に収録予定の短編描きおろし原作はこちらです。

以前、ツイッター上でアンケートを実施したところ以下のような結果が出ましたので、第1巻には「穴井にスポットを当てた外伝」で第2巻では「それぞれのキャラクターの日常」を収録することにしました。

アンケートでは「4コマ」と言っていますが、実際に描くのは松島幸太朗なので4コマにするかストーリー漫画として表現するかは彼次第となりますので予めご了承ください。

*****

【チェイサーゲーム 外伝 -それぞれの休日編-】

「穴井の場合」

佐賀県の山の斜面にある林の中で銃撃戦が聞こえる。

腕に黄色いバンダナを付けた軍服の男が3人それぞれが銃火器を構えつつ進軍している。

緊張感を持ってそれぞれが周囲を警戒しながら索敵していた、その時!

おかしな角度から弾丸が飛び込んで来て一人の側頭部にヒットする。

「ぐああっ!」(描き文字で「HIT!!」という表示)

即座に対応しようとする残り二人も銃を構えるが肝心の狙撃手の居場所が特定できない。

「く、そ、どこだ?」

一人がそう呟いた瞬間に残りの二人同時に眉間のゴーグルを撃ち抜かれる。

「があっ!」(描き文字で「HIT!!」という表示)

「くあっ!」(描き文字で「HIT!!」という表示)

ドサッと二人が倒れた所からカメラが「グン!グン!グーン!」と林の斜面の上の方にクローズアップするが(一見すると)そこには誰もいない。

と思いきや木の下の落ち葉のくぼみの中から「バッ!」と人影が立ち上がる。

ロングライフルを構えたまま無言で立ち上がった穴井であった。

腕には赤いバンダナを巻いている。

N「穴井昭廣(37)趣味:サバイバルゲーム」

「上田の場合」

昼間から自宅で延々とガンプラを作っている上田。

この続きをみるには

この続き:1,075文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り30/ 30

第173号『チェイサーゲーム 外伝 -それぞれの休日編-』

松山 洋 サイバーコネクトツー

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
13

松山 洋 サイバーコネクトツー

株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 ゲームソフト開発タイトル代表作『.hack』シリーズ 『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメット』シリーズ 『ジョジョの奇妙な冒険』 著書『エンターテインメントという薬』『熱狂する現場の作り方』漫画『チェイサーゲーム』

週刊少年松山洋

家庭用ゲームソフト開発を行うゲーム会社・株式会社サイバーコネクトツー代表取締役・松山洋の継続課金マガジン。購読いただくとその月の記事は全て見れますが、前月までの記事は個別に購入いただく必要があります。なので早めに購読いただいた方が良いと思います。転載は禁止ですが記事のリンク...
1つ のマガジンに含まれています

コメント1件

そうそうそうそう!こういうのが読みたいですよ!!笑笑
最近俺もサバゲ再開するので装備一式整えてるので、マジで穴井さんのストーリー読みたいですよ!!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。