週刊少年松山洋_タイトル_修正

第158号『ゲーム業界志望者の不合格理由一覧②』

前回の記事が非常に反響がありました。

定期購読者数が一気に増加し、単品販売(30個)も1日で完売して早速翌日に再販設定(30個)をしましたがそれも完売しそうな勢いです。

“こうすればいい”よりも“こういう人は不合格”という表現の方が今の時代的には刺さりやすいかも、と思って記事を作成したのですがどうやら正解だったようです。

私が原作を務める漫画『チェイサーゲーム』の最新第5話がちょうど採用の話だったので、ある意味連動させてnoteでも記事を書いたのですが、どちらも合わせてたくさんの人に読んでもらえているようです。

こんなにもみんなが“知りたい”と思ってもらえているようであれば“更にその先”に踏み込むべきかな、と思って前回の記事タイトルにそっと“①”と追記して今回の“②”を書くことにしました。

ゲーム業界志望者必見の内容の続きです。

それではどうぞ。

【あなたがゲーム会社を受けたのに不合格になってしまった理由一覧②】

この続きをみるには

この続き:2,959文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り10/ 30

第158号『ゲーム業界志望者の不合格理由一覧②』

松山 洋 サイバーコネクトツー

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
38

松山 洋 サイバーコネクトツー

株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 ゲームソフト開発タイトル代表作『.hack』シリーズ 『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメット』シリーズ 『ジョジョの奇妙な冒険』 著書『エンターテインメントという薬』『熱狂する現場の作り方』漫画『チェイサーゲーム』

週刊少年松山洋

家庭用ゲームソフト開発を行うゲーム会社・株式会社サイバーコネクトツー代表取締役・松山洋の継続課金マガジン。購読いただくとその月の記事は全て見れますが、前月までの記事は個別に購入いただく必要があります。なので早めに購読いただいた方が良いと思います。転載は禁止ですが記事のリンク...
3つ のマガジンに含まれています

コメント9件

どの業界の採用担当も頷いて読む内容だと思います。この内容を覚えておいて、その上で5話を読ませて頂きたいです。
美味しい料理が好きは
「美食家」
美味しい料理を作りたいは
「料理研究家」
料理を通じてお客さんに喜んでもらうが
「料理人」
値段(原価)設定、接客や衛生管理も含まれて店が成り立つんだけど、
「美味しい料理の追求」は一緒だけど、
「料理人に成りたいか」を考えてもらいつつ、日本に良い料理人が増えるといいなあと思います。
アーティストの不合格理由も職種ごとに詳しく知りたいです!
シネマティックアニメーターが特に気になります。
すごく参考になりました!
プログラマー志望なのですが、プログラム技術を磨くだけではなく
ゲームをプレイすることと、コミュニケーションを取ることも
しっかりと、心がけようと思いました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。