週刊少年松山洋_タイトル_修正

第97号『ゲーム業界でアーティストを目指す人へ』

第96号『ゲーム会社に受かる人落ちる人』の反響が大きいです。

沢山の人に読んでいただけました。

それだけ“ゲーム業界で働きたい!”って思っている人たちが多いということだと思います。

今回はもう少し具体的に。

アーティストという職種に絞って攻略法】をお伝えしようと思います。

ゲーム開発におけるグラフィック全般のお仕事をする人のことを総じてアーティストと呼びます。

現在の家庭用ゲームの開発の現場で活躍するアーティストのお仕事は以下のように大別されます。

①キャラクターモデラー=3DCGでキャラクターやモンスターなどのモデリングをしてテクスチャーを描いてマッピングするお仕事。

②BGモデラー=BGとはバックグラウンド(背景)のこと。ゲーム内のステージや屋内のCGを作るお仕事。

③3Dアニメーター=①のキャラクターやモンスターにリグを設定してアニメーションをつけるお仕事。最近はモーションキャプチャーで収録することも増えましたが、やはりアクションのデータなどは手でつけることが多いです。

④エフェクトアーティスト=ゲーム内のエフェクトを作るお仕事。剣の軌跡だったりヒットしたときの衝撃だったり。炎・水・氷・雷などの魔法や忍術もエフェクトです。

⑤シネマティックアニメーター=いわゆるカットシーンと呼ばれるリアルタイムデモなどのシーンデータの制作、そして必殺技などの演出カットの制作を行います。

⑥UIデザイナー=UIとはユーザーインターフェースのこと。ゲーム内に表示されるコンボ表示やライフゲージなどの基本的なものから、ミッションクリア時のリザルト画面・武器屋道具屋などの購入画面&メニューなどの制作も行います。

実際にはこれ以外にももっと細かな職種が存在するのですが、今回はわかりやすく説明するために大別されたこの6種の仕事で話を進めます。

まず【攻略】として最初に考えなければならないことがあります。

それは“どの職種を目指すのか?”ということ。

“はぁ?そんなの当たり前じゃん!”って思われるかもしれませんが。

実は全然そんな“当たり前のこと”がみんな出来ていないのです。

“どの職種を目指すのか?”ということは“決定”をするということ。

この“決定する”ということを実はほとんどの人がやっていないのです。

どういうことか説明します。

新卒のアーティスト志望の学生さんと話をするとだいたいこういう人が多いです。

“キャラクターモデラーになりたいんです!”

“BGモデラーになりたいんです!”

だいたい“こう”言う人はほとんどが【嘘】の場合が多いのです。

実際に話を突き詰めて聞いてみると。

学校にいる間に学んだ内容がモデリングまで、というケースがほとんどなのです。特に2年制の専門学校の場合は勉強できるのは実質1年。2年目は就職年度ということでもう就職活動が始まってしまいます。学校に入学してパソコンの座学やワード・エクセルなどを触ることから始めて、それからCGを触り始めるけど基本的なモデリングからテクスチャー・そして背景を作ってそこにキャラクターを立たせてレンダリングして出力して文化祭で壁に貼って展示して、それで終わり。良くてもキャラクターをアニメーションさせてムービーとして吐き出して終わり。そんなものは作品でもなんでもありません。ただのチュートリアル。

なのにみんなそこで時間切れ。

今自分ができることをアピールして就職活動に臨むしかないのです。

“在学中に学んだCG技術がモデリングだけ”なんだから、やっぱり自分自身が“なりたい”んじゃあない。“それしか学んでないからこれしか出来ません”という人が実に多いのです。

本来、“どの職種を目指すのかを決定する”ためには一通りの制作を実際にやってみて“うん、なるほど、自分の能力が一番発揮できるのはこの職種だな”と、まず自身の適正を判断しなくてはなりません。

なのにほとんどの学生が時間切れで、途中までしか学んでいないのにそれをさも正当化するかのように“私はモデリングがしたいんです!”って嘘をついているケースが多いのです。

これは指導者の責任です。

本人に適性を判断させるためにもとにかくざっくりでもいいから極めて早い段階で一通りの作業や制作を行って見極めをやらせるべきなのです。

そしてもうひとつ。

“どの職種を目指すのかを決定する上で大切なこと”があります。

この続きをみるには

この続き:707文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り3/ 30

第97号『ゲーム業界でアーティストを目指す人へ』

松山 洋 サイバーコネクトツー

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
31

松山 洋 サイバーコネクトツー

株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 ゲームソフト開発タイトル代表作『.hack』シリーズ 『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメット』シリーズ 『ジョジョの奇妙な冒険』 著書『エンターテインメントという薬』『熱狂する現場の作り方』漫画『チェイサーゲーム』

週刊少年松山洋

家庭用ゲームソフト開発を行うゲーム会社・株式会社サイバーコネクトツー代表取締役・松山洋の継続課金マガジン。ゲーム・漫画・アニメ・映画などエンターテインメント業界の話を中心に毎週記事が更新されます。更新頻度が高いので圧倒的に定期購読がお得です。
1つ のマガジンに含まれています

コメント5件

そもそも認知されてないよね。
確かにそうですね。いわゆるインフラ的なデザインなので、広告デザインみたいなキャッチーさはないんですよね。だからあまり認知されないみたいです。でも、これひとつでサービスの良し悪しが決まっちゃうくらいめちゃくちゃ重要だから、求人は山のようにありますね。
そうなんだよね。ゲームソフトでもプレイヤーが最初から最後まで向き合うのは実はUIなんだよね。だからこそ最も大切なパートなんだけどなかなか認知されない。そこを変えていかないとなぁ。
職業訓練校みたいなところでもUIデザインについて教えるところは稀有なので、CC2がそこをなんとかすると、ある種チャンスかもですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。