第149号『チェイサーゲーム 外伝 -破邪の封印編②-』

これは漫画『チェイサーゲーム』の外伝シナリオになります。

単行本出版時に描きおろし漫画として掲載予定の原作を先行公開するという暴挙企画の第2話になります。

第1話はこちらです。

この『外伝』は漫画『チェイサーゲーム』に登場するウオカワ(魚川貴央)を主人公とした物語です。

『サイバーコネクトツーに入社してゲームクリエイターとして働くこと』を決めた魚川貴央のその後のエピソードです。

*****

【チェイサーゲーム 外伝 -破邪の封印編②-】

妹が小学校を卒業して中学生になった。

小学校の卒業式も中学校の入学式も、働く母に代わって魚川貴央が学生服で出席した。

魚川貴央はアルバイトを始めた。

最初にもらった給料で妹に洋服を買い、母に花を買いプレゼントした。

その数か月後にアルバイトで貯めたお金でパソコンを一台購入した。

やるべきことはわかっていた。

観察・分析・分解・理解・吸収、そして実践。

高校の友人から様々なゲームソフトを借りてプレイした。アクションゲーム・RPG・アドベンチャーゲーム・恋愛シミュレーション・シューティングゲーム、様々なゲームソフトを分析するたびにやはり自身に一番“しっくりくる”のは『ナルティメット』シリーズであることを確信した。

1キャラあたりのポリゴン数&モーション数、背景のテクスチャーの解像度、エフェクトの構造、画面全体に施されたプログラムによるポスト処理、一本のゲームソフトに施された様々な工夫が少しずつ見えてきた。

この続きをみるには

この続き:939文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り29/ 30

第149号『チェイサーゲーム 外伝 -破邪の封印編②-』

松山 洋 サイバーコネクトツー

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
16

松山 洋 サイバーコネクトツー

株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 ゲームソフト開発タイトル代表作『.hack』シリーズ 『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメット』シリーズ 『ジョジョの奇妙な冒険』 著書『エンターテインメントという薬』『熱狂する現場の作り方』漫画『チェイサーゲーム』

週刊少年松山洋

家庭用ゲームソフト開発を行うゲーム会社・株式会社サイバーコネクトツー代表取締役・松山洋の継続課金マガジン。購読いただくとその月の記事は全て見れますが、前月までの記事は個別に購入いただく必要があります。なので早めに購読いただいた方が良いと思います。転載は禁止ですが記事のリンク...
1つ のマガジンに含まれています

コメント1件

なんすか!この熱い展開は。そしてご本人登場とか!笑笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。