第76号『女の子が好きなモノ』を100個書いてください

紙とペンを用意する。

①制限時間=10分

②目的=100個書くこと

③お題=『女の子が好きなモノ』

よーいスタート!

そして10分後にペンを置いて採点。

④何個書けましたか?

⑤自分で採点してください。クオリティは何点でしたか?(100点中何点)


最近、全国の学校を回って講演の最後にこういうゲームを実施しています。

特に何の説明もせずにいきなりホワイトボードにルールだけ書いて“よーい、スタート!”って号令をかけてゲーム開始。

みんなあたふたしながらも“ゲーム”って聞くとやっぱりスイッチが入って一生懸命取り組んでくれる。

そしてタイムアップ。

ほとんどの学生がまあ100個書けない。

みんな10分(タイムアップ)後に④と⑤を発表してもらうのですが、決まってだいたい50個くらいしか書けていない。

そしてほとんどが自己採点は50点。

中には30個くらいしか書けなかった人もいる。その場合の採点もだいたいみんな30点って発表する。

かけた個数=採点結果。

まぁこれは心理学的にだいたいそうなってしまうという研修課題。

いわずもがな、“100個書けた人だけが合格”でそれに満たない人は全員0点。

だって“目的は100個書くこと”って言われてるんだから。

30個も50個も優劣は無い。

全員0点。

この世界に“頑張ったで賞”は存在しない。

それを知って学んでもらうためのゲーム研修。

“人生はゲーム攻略と似ている”のです。

目の前にある問題に対して“どう攻略するか?”がカギ。

ではこのゲームの攻略法とは?

この続きをみるには

この続き:953文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り23/ 30

第76号『女の子が好きなモノ』を100個書いてください

松山 洋

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
15

松山 洋

週刊少年松山洋

家庭用ゲームソフト開発を行うゲーム会社・株式会社サイバーコネクトツー代表取締役・松山洋の継続課金マガジン。購読いただくとその月の記事は全て見れますが、前月までの記事は個別に購入いただく必要があります。なので早めに購読いただいた方が良いと思います。転載は禁止ですが記事のリンク...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。