見出し画像

『1冊の「ふせんノート」で人生は、はかどる』

坂下仁『1冊の「ふせんノート」で人生は、はかどる』

今回は前回に引き続き、「メモ」と「読書」に
関連する書籍を中心に購入した中の一冊を紹介します。

今回のキーワードは"ふせん"です。
皆さんは、メモをする際には
ノートや手帳を使っていると思います。

しかし、年末になると、毎年新しい手帳を
あれこれと探し、ようやく選んだその手帳を最後まで、
買った当初の熱量のまま使い続けられていますか?
最初の頃と比べると途中で所謂"手抜き"部分が
出てきていたりしませんか?
毎回、手帳の決められたフォーマットに
自由度を奪われていませんか?

もし、手帳やノートにそんな気持ちを一度でも
抱いたのであればこの本を読む事をおすすめします!

この本で提唱しているのは…
ノートや手帳は"付箋の台紙"として使う方法です!

付箋は毎回、1枚で完結するのでノートや手帳に比べて
書き損じ等の失敗を引きづらないので続けやすく、
ふせん自体への書き込みまでのスピード感は
何よりも早いので、
思いついた事を逃さずに記録できます。

そして書き込んだふせんはノート上で、
好きなように貼り込めるのでノートや手帳の罫線、
フォーマットに左右されず自由に活用でき、
ストレスを感じにくい状態を維持できます。

自分も早速、スマホケースの内側にふせんを貼り、
この方法を試してみたいと思います!

#坂下仁 #メモ #メモ魔 #メモの魔力 #仕事 #プライベート #ふせん #読書 #読書が好きな人と繋がりたい #読書好きな人と繋がりたい #本が好きな人と繋がりたい #本好きな人と繋がりたい #潜在意識 #手帳 #ノート #ふせんノート #読書術 #挑戦 #多動力 #願い #具体化 #書評 #本 #未来 #時間 #自己対話 #習慣 #余白 #感情

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

迷彩の読書屋📑今井悠貴📮📬しるし書店でしるし本+瞬読

努力の報われる世界 しるし本作家 西野亮廣オンラインサロン 脱社畜サロン はあちゅうサロン 箕輪厚介LINEグループ 青年会議所 自民党員 青雄友の会 青森市成人式実行委員会 作家 住みよいクリーンな青森市を考える審議会 タイムバンク 読書屋 迷彩 前田裕二 投資 仮想通貨 支援
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。