写真上手になりたくて読んだ記事&買った本

カメラ遍歴とか

カメラを持ち始めたのは大学4年の春。

暇な時間はひたすら横浜みなとみらいを散歩しており、カメラ持ったら楽しさ倍増なのでは?と思いついたのがキッカケ。

それからズブズブとカメラ沼にはまってゆき、ぽつりぽつりとカメラを買い、気がつけば10台弱買っていた。

メイン機だけ時系列順に並べると、

・RICHO GR(大学。最初の一台)
・SONY NEX-5R(大学。友人撮ったり)
・Canon 6D(仕事。インタビュー撮影したり)
・Fujifilm X-T2(イマココ。たま~に仕事でも使う)

という感じ。
(こんなにカメラ買う予定じゃなかった…)

本格的に写真上手になりたいと思ったのは、Canon 6Dを買ったあたり。

単なる趣味だったが、「カメラ持ってんの?じゃあ撮影よろしく!」と仕事を任され、しゃーないやったるか!!!と勉強し始めた感じである。

撮影テクニック

ここから本題。

写真をほんの少し上手く見せる50のテクニック

構図? 日の丸しか分かりません、という初心者時代から今に至るまで定期的に読んでる記事。

50のテクニックを意識しながら撮影すると、それまで漫然としていた写真が枠にはまって整った感じがする。当時は、毎日いくつかのテクニックを選んで、それだけを使って撮影してた。

初級者が手っ取り早く上手に撮るには、構図を知るのがいちばん近道だと思う。

「小難しいのはいりません」という方、これだけ読んどけばOK。

編集(Lightroom, photoshop等)

写真編集ソフトで最初に使い始めたのはLightroom。

フィルムライクRaw現像 -Raw現像の基本から自分だけの色を作る方法まで-

写真編集のとっかかりとして、デジタル写真をフィルムっぽくするにはどうしたらいいんだろう?とか色々いじってると楽しいので入門によき。写真加工って感じ。

クソ写真をギリギリ人に見せられるレベルにするためのベター・プラクティス

こちらは写真のだめなところを直す、写真修正って感じ。

色々いじってLightroomに慣れたら、黒田明臣さんのブログを参考にして色を整えたりしてた。xicoというメディアにも色々あるのでぜひ。

撮影マインド

Kent Shiraishi Photo Blog

写真家・ケント白石さんという、美瑛の青い池の写真がAppleの公式壁紙に採用されたりするスゴい方のブログ。

「apple 壁紙 美瑛」で画像検索)

写真を撮る上で、技術がどれだけ大事かを力説していて、写真とは芸術であるからして技術云々ではなく感性で撮るもの的な高尚な思い込みを壊してくれた。

ただ、マインドセットの仕方に関しては人によって合う合わないが大きいので、たまたま自分はこの人のブログが合っただけで、ダメそうな人は即引き返しましょう。

デジタル写真の色を極める! 「写真の学校」

唯一の本。分厚い。ガチの教科書。ここまでの工程を経て、編集たのしい!もっとやりたい!と思った方は手に取ると幸せになれる。それくらいノウハウはいっぱい詰まってるので分厚さと値段に躊躇せず買ってみよう。

最後に

書き連ねてみると勉強感が強いが、基本写真とってるのが好きなので全部たのしかった。好き大事。

写真始めたばっかの人は、一番最初の「写真をほんの少し上手く見せる50のテクニック」だけ読んどきゃ良いと思う。

紹介した本以外にも色々読んでみたけど、読み返してるのはあの本だけで、もし「本どれ買おう?」と悩んだ際はご参考に。

あと、写真集はいっぱい買ってる。参考にはしてませんが、好きな写真見ると幸せだしモチベーション上がるので。

あとはいっぱい撮りましょう。撮った写真を見返して、イマイチな写真はなにがイマイチだったのか考えて次に活かしましょう。

最後の最後に、あくまで「写真上手になりたくて」なので、上手になれる保証はありません。願望です。早く上手になりたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!!!
42

豆健太郎

日記

日記のようなものです。
2つのマガジンに含まれています

コメント5件

嬉しいお言葉ありがとうございます! 上手くなってくと「カメラ重い…いらね…」みたいな億劫な気持ちも減ってくと思うので、お互いがんばりましょう!
ぼくも最近カメラ買ったので試してみます_(┐「ε:)_
ものすごく参考になりました。ありがとうございます
こちらこそありがとうございます!今後もよいものがあったら報告してゆきます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。