見出し画像

2019年なので自己紹介。「これまで」と「これから」

Vさんのエントリーに影響を受け、自己紹介してみます。思えば、自己紹介らしい記事を書いてませんでした。

改めて、はじめまして。武部未来(たけべみらい)と申します。音楽活動用に「サイレフォ(さいれほ)」または「Cyber-Rainforce」という名義もありますが、それを除き最近はほぼ今の名前を出すことにしています。

青森県在住ながら、「ITと金融で飯を食う」という青森県人らしからぬ生き方をしています。

仕事はいわゆる「ブロガー」または「アフィリエイター」です。人生の中でこれを本業にするつもりはありませんでしたが、いろいろ気がついたらここに落ち着いていました。

まあ、アフィカスでもいいじゃない

オフラインでは「ブロガー」と言っても「はぁ??」って言われることが大半なので「IT系のフリーランス」ってことにしています。

間違ってないよね??

今までやってきたこと

アフィカスが現職になったきっかけはこちら。

仕事を辞めたら食っていく方法がなかったので、お金を得るために「投資始めながらウェブサイトの記事書いたよ」ってところ。この時作った、初めてのウェブサイトが「10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット」。

インストックネットの運営がきっかけで、「株式会社SBI証券」さまの取材に行くことになり、その後も証券会社さんや就職支援の会社さんにお話を聞きに行く機会ができました。

このあたりの実績はオフィシャルのほうにまとめています。

インストックネットはもともとHTML(タグ打ちw)で作っていたサイトのため、ページ数が増えるほど手間が増えてしまい、更新が滞ってしまいました。その時にWordpressで「東北投信」という投資信託特化のブログを立ち上げます。

今では、東北投信を前面に出すことが多いですね。

投資信託はアフィリエイトネタとしては不向きですが、iDeCoやつみたてNISAなど、知っているとお得な税制との連携があり、一定の需要があると思っています。

インフルエンサーのように、抜群の面白さで読者を呼び込むのは難しいと感じているため、できるだけ深い知識や信頼たりうる話ができることを目指しています。

2019年。これからやっていきたいこと

いろいろ話はありますが、表にかけないネタもあるので、代表的なものを3つ。

1. プログラミングを利用した個人投資家の投資環境の充実

ブログやアフィリエイト界隈は、次から次に新しいサイトが立ち上がるため、「まだブログで消耗してるの?」状態になりがちです。そこで、2019年は記事を書くことにこだわらずに、もっと別の手段で読者に関心を持ってもらおうと考えています。

その第1弾として、投資信託の運用で使えるツールのリリースを控えています。

自身のスキル開発のためも考慮し、今年はこの手のウェブアプリなどを多数リリースしたいと考えています。ロボアドとか、プログラムの力を借りた金融商品も出ていますが、個人投資家が本当に求めるものは多分そこじゃない本当に個人が求めるものを、自分の力でツール化しようってことですね。

プログラムネタはいくつか持ってるので、それらを実現すれば、たぶん今年は終わると思いますw

2. 青森県への技術読書会誘致

青森県は何事においてもかなり保守的な地域です。加えて、長い冬の期間は人的交流にもかなり不利なため、本州の最北端で、かつ、仙台と札幌の中間に位置するというわかりやすさにも関わらず、「ほぼ素通りされる」場所になってしまっています。

そこで、「じゃあ青森県でもイベントやろうよ」ってことで話を進めたいのが、「技術読書会」の誘致。

この手のイベント開催を手伝ったことはありませんが、かつて20人クラスのイベントを率いたこともありますし、スケジュール立てて、会場押さえて、開催を見守るだけなので、まあなんとかなると思っています。

3. FP2級資格を取得してAFPの道へ

筆者はFP(ファイナンシャルプランナー)3級の資格を持っており、今年は2級を取りたいと思っています。2級の資格を取得すると、その後研修を受けたりすることでAFP(アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー)という上級資格を名乗ることも可能になります。

2級ないしAFPまで行けば、フリーランスとしての活動はさらに拡大できると思っています。長い目で見ればAIに駆逐される可能性はあるでしょうが、今すぐ駆逐されることはないでしょうから。

オフラインに活動の場を移し、「移動FP」みたいなことを始めるのも1つの手ですよね。

記事執筆のお仕事ください

今年は投資ブログを書く以外にも、何かお役に立てることがあれば、是非やらせていただきたいと思っています。

記事の執筆のご依頼などはありませんか?

強みと言えば、投資や金融の話です。特に投資信託にまつわるコンテンツ(つみたてNISAやiDeCo含む)には、自信があります。

それ以外にもITや就職・貧困問題なども多少知識があります。また、アドラー心理学から考える人間関係にも関心を持っています。

また、提携の外注ライター様もいますので、筆者経由でそちらにまわすことも可能です。

もし、関心ありましたら、一度下記オフィシャルサイトの問い合わせフォームからご連絡いただけると幸いです。

去年聞いた、一番かっこいい言葉をいつも心の中に

筆者は旧作・新作含め、宇宙戦艦ヤマトの大ファンです。現在やってる宇宙戦艦ヤマト2202の中で、こんなセリフがあったので紹介したいです。

生きろ。生きて恥をかけ。どんな屈辱にまみれても、生き抜くんだ。人間は弱い。間違える。それがどうした。俺達は、機械じゃない。機械は恥を知らない。恥をかくのも、間違えるのも、全部人間の特権なんだ。

このセリフはヤマト艦長である「土方竜」がアンドロメダ艦長「山南修」に向けた言葉で、第21話のクライマックスとも呼べるシーンです。

私たちが何か行動を起こそうとしても、それが実現できない背景には

・失敗したらどうしよう
・周囲に笑われたらどうしよう
・かっこ悪い自分を見られたくない

といった「恥」の概念に囚われていることが多いです。「所詮」アフィカスなのですから、いつもこの言葉を胸に、常に挑戦的でありたいと思います。

生きて恥をかけ。どんな屈辱にまみれても、生き抜くんだ。

今年もよろしくお願いいたします。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。もしコンテンツがお役に立ちましたら、ぜひサポートいただけると嬉しいです あ、ライティングのお仕事も募集しているので、ご依頼はお気軽に!! 今後もあなたの人生に役立つ話を書いていこうと思います

14

Mirai Takebe

投資ブロガー。投資信託特化「東北投信 https://blog.tacos-heaven.xyz 」と資産運用全般「インストックネット https://www.instock-ex.net 」運営。問い合わせ→ https://planet-f108.net/contact

投資の体験談

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。