RCA IDE 体験記 | 新規事業の種が多数うまれる2年目について。

こんにちは、丸山紗季(@ikbensaki)です。2018年6月に Royal College of Art (RCA)の Innovation Design Engineering (IDE) を修了し、Studio PLAYFOOLとして新規プロダクトの開発やワークショップの開発をしています。

前回の投稿では、RCA IDEでのブートキャンプのような1年目をご紹介したので、今回は2年目のことをご紹介します。2年目は、プロジェクトが2つしかない代わりに、課題から自分たちで設定するという点が、1年目との大きな違いです。

2年目は、3ヶ月半のグループプロジェクトと、3ヶ月半の個人プロジェクトで構成され、沢山のスタートアップが生まれてきました。モジュールの構成としては、グループプロジェクトでも個人プロジェクトでも同じなので、2つを分けることなくモジュールの構成をご紹介することにします。

IDEについての簡易紹介
MSc/MA Innovation Design Engineeringとは、Royal College of ArtとImperial College Londonとによるダブルディグリーの修士プログラムで、修了すると、ImperialからはMSc Engineering、RCAからMA Designのディグリーを得ることができます。IDEの特徴は、その多様性にあり、クラスの約45%がエンジニアリングバックグラウンド、約45%がデザインバックグラウンド、約10%が全く関係のないバックグラウンドの学生(ジャーナリスト、哲学者など)で構成されています。卒業生のプロジェクトがスタートアップとして事業になることも多く、例えば導電インクのBareConductiveや布のように扱えるコンクリートを開発したConcrete Canvas等がIDEから生まれました。Takramの田川欣也さんもIDEの卒業生です。
今回の内容
(1) Gateway 1 | スコープの設定
(2) Gateway 2 | コンセプトの決定
(3) Gateway 3 | アイディアの決定
(4) Exam | 最終プロトタイプのデリバリー

(1) プロジェクトのスコープを決めるGateway 1 

IDEの2年目は、グループプロジェクト(前期)・個人プロジェクト(後期)共に、それぞれ3回のGatewayとExamで構成されます。GatewayもExamも名称は違えど、実際はプレゼンテーションです。それぞれプロジェクトの各フェーズのマイルストーンとして存在し、Gatewayでも合否が判断されます。Gatewayに落ちると、再度プレゼンテーションをしなくてはいけません。

それでは早速、Gateway1で見られるポイントをご紹介していきます。Gateway1前の2週間ほどはExplorationの期間で、Gateway1では、どういう領域で、どういう課題を、どういう問いを以って扱いたいのか、をハッキリさせることが求められます。

IDEの志望者に「IDEに入学する前から、IDEでやりたいプロジェクトがあったんですか?」とよく聞かれますが、全くありませんでした。興味のあるテーマは環境によって変わるものですし、思いもよらない方向に進むことになるのがIDEの醍醐味だと思います。

前期のグループプロジェクトでは、私たちのチームはGateway1をpassできませんでした。理由は、'How can we make making more accessible? (つくるという行為を身近なものにするためには?)' という問いと、それに対するアイディアを提示したものの、その問いをサポートする理由に説得力がなかったことと、理由が不明瞭にも関わらず、アイディアをいきなり提示したことで、生き急いでいるようにみえたことが理由でした。

IDEでは、Innovation Design Engineeringという名の通り、イノベーションを生み出す必要があるので、最初にプロジェクトの存在理由を明確にすることが求められます。本当にやりたいことなのか、本当に必要なことなのか、を自分たちが信じることができなければ、最後までプロジェクトを成し遂げることもできないので、大事なプロセスなのだと思います。

(2) コンセプトを決めるGateway2

Gateway2前のフェーズは、Idea generationの期間で、それぞれ自分なりの実験を色々と重ね、スコープ内の特にどういうことに、どうアプローチしたいのか、アイディアの種を見つけられたかどうかが問われます。

Gateway2の期間は私が一番好きで、一番嫌いな期間です。というのも、自分が何をしたいのかを理解するための実験が行われるため、スタジオ中で意味のわからない実験が行われ始めるのがこの期間なので、見てるのが非常に楽しいです。ただし、自分でも意味が分からなすぎて、途中で方向性を見失ったかのように思えてしまうのもこの時期だからです。

グループプロジェクトのこの時期は、新マテリアルの開発を目指し、雨に色々と素材を混ぜて固めてみたり、ネット上にある不思議なマテリアルのレシピを手当たり次第に再現してみたりしました。結果、砂漠の砂を材料に、強度のあるマテリアルを開発することに可能性が見えたので、これに賭けることに決めました。

個人のプロジェクトでは、「Kids, imagination, digital technology」をテーマにしていて、この時期には (今となって考えると、子供を騙してるだけじゃん!ってなるんですが笑) 、すべてのモノから心臓の音が聞こえてくる聴診器や、自分で音を拾ってそれを再生できるミニレコーダーをつくっては、子供たちに使ってもらいつつ、子供の遊びのプロセスへの理解を深めていました。

グループプロジェクトでは、Gateway2までに、可能性のあるマテリアルの片鱗を見つけることができたので余裕で突破しました。個人のプロジェクトでは、この期間でアイディアの種をみつけるところまではいかなかったものの、スタジオから出て、ユーザーとのテストを何度も行っていたところが評価され、ギリギリでpassしました。

(3) アイディアを決め、そのアイディアの正当性を示すGateway3

Gateway3前の期間 (1ヶ月くらい) は、最終アイディアを決め、それをリファインしつつ、テストを繰り返しながら実現可能性やそのアプリケーションが有効なソリューションなのかどうかを証明していくことが求められます。

例えば、新マテリアルの開発を行ったグループプロジェクトでは、Gateway2までで見つかった新しいマテリアルの、強度を上げたり、どのように扱うとそのマテリアルの良さが活きるのかを探究していきました。また、この時期には、インペリアル大学のラボを駆使し、耐久テストや湿度テスト、強度のテスト等を繰り返し、それを数字で証明していきました。

個人のプロジェクトでは、想像力という数字にしがたいものを扱っていたため、子どもやその親、幼稚園の先生やモンテッソーリ教育の研究者に試してもらいつつリファインしていきました。

Gateway3のプレゼンテーションでは、具体的なアイディアと、そのアプリケーション案までを示す必要があります。また、Gateway3は、普通のプレゼンテーションとは異なり、スライドの使用が禁止されているので、実際の展示を意識したデモンストレーションが求められます。グループのプロジェクトでも個人のプロジェクトでも、ルックスライク(最終的に見た目はこんな感じになります、というのを見せるためのプロトタイプ)とワークスライクのデモ(こういうテクノロジーをこう使うと実現可能です、というのを見せるためのプロトタイプ)とを分けて発表しました。

(4) リファインを重ねた最終プロトタイプを魅せる期末考査

Gateway3から期末考査までの期間(1ヶ月-1ヶ月半くらい)はDeliveryの期間で、さらにリファインを重ね、最終プロトタイプとして完成させていきます。

グループプロジェクトでは、開発した新マテリアルのアプリケーションとして砂漠のある地域での巨大建築への応用を提案していたので、カタールで行われるワールドカップのスタジアム建設を担当しているチームとコンタクトを取ったり、エジプトで貧困地域のコミュニティ開発を行っているNGOとコンタクトを取ったりと、実際の現場での使用可能性を模索しました。

個人プロジェクトの場合は、ルックスライクとワークスライクとを一致させることが課題となりました。実際にワークするプロトタイプとするべく、機構を小さくしたり(家でPCB基盤つくりました。)、安定して反応するように調整したりと、テクノロジーの改善に多くの時間を費やしました。意匠の面でも、モンテッソーリ哲学に触発され、木材を用いたり、なるべくシンプルに必要のない情報を削っていきました。また、最終考査の前に、50人以上の子どもにユーザーテストをする機会に恵まれ、その様子を記録した上で、期末試験に臨みました。

考査では、Passed, Very Good, Distinctionという評価がつきます。評価項目は、Intellectual Engagement, Technical Skill, Professionalismの3つです。私はどちらのプロジェクトも Distinction でした!ただし、RCAからもらうディグリーにはPassかFailかしか表示されないので、成績はあまり関係ありません・・・

(5) 中間発表展・卒業制作展

IDEの2年生は、1年の間に2回展示の機会に恵まれます。1回目は、Work In Progress Show、いわゆる中間発表展です。ただし、RCAの全体としては中間発表展なのですが、IDEの場合はグループプロジェクトの最終プロトタイプを発表するので、緊張感と完成度が他の学科とは異なります。

個人のプロジェクトは、最後の卒業制作展で発表します。卒業制作展の最終日には卒業式も行われるので、卒業制作展は生徒の家族も沢山みにきます。

ロフトワークの林千晶さんがたまたま中間発表展を見に来てくださったのですが、「デザインというか、スタートアップの展示だね。」とおっしゃっていました。本当にその通りで、来場者の中には、ビジネスコンサルタントの方がコラボレーションできそうな種を探しにきていたり、前年度は投資家がきてその場でお金が動いたこともあったりと、いわゆる美大の卒展とは異なる雰囲気なのでは、と思います。

もちろん企業からのリクルーターも沢山きます。なんだか色々聞いてくるなぁと思いつつ対応したひとたちが、あとからAppleのリクルーターだったことが判明したり、卒展のあとLinkedInをみるとIDEOからワークショップへのお誘いがきていたりと、実は色々と見られてたんだということに気づきました(猛省)。

私は就活に関心がなかったので特に何も工夫はしませんでしたが、気になるデザインファームに展示の招待状を送ったり、中にはプロトタイプの一部を気になるファームに郵送して展示に誘導した賢いクラスメイトもいました。

私の場合、ロンドンデザインウィークへの出展の機会を得ることができたり、Kickstarterで成功したスタートアップの先輩方とつながることができたりと、展示スタンドに毎日立っていた甲斐があったなぁと思いました。(それからたまたま来ていたポケモン社の方々にプロジェクトを面白がって頂けた、という個人的に嬉しすぎるエピソードもありました。)

(6) その後の進路

IDEで2年間を過ごしたあと、どういう進路に進むのでしょう?というのも、よく聞かれる質問でした。Class of 2016は、42%がスタートアップ、18%がデザインコンサルタント、8%が研究者、8%がフリーランサー、18%がインハウスデザイナーという結果だったそうです。体感としてもスタートアップで働くひとが圧倒的に多く、Makerversityをはじめ、ロンドンのスタートアップが集まるコワーキングスペースへ行くと、大抵の場合IDEの卒業生と遭遇します。

私の場合は、この2年間で2つの会社をつくりました。まず、2年生のグループプロジェクトで開発した新マテリアルのFinite(ファイナイト)は、さらに研究開発を進め、建築資材としての実用化を目指しています(ただし、私はこのプロジェクトの実働メンバーからは離れることにしました)。

もうひとつが、1年生のときの個人プロジェクトでつくったワークショップを機にDan Coppenと一緒に法人化した、Studio PLAYFOOLです。2年生のときの個人プロジェクトのKnottyは、Studio PLAYFOOLのプロジェクトのひとつとして、現在商品化を目指しています。8月からロンドンと東京との2拠点で活動する予定ですので、もし関心があればご連絡頂けますと幸いです。

まとめ

今回はIDEの2年目のカリキュラムを紹介しました。3回のGatewayとExamとをマイルストーンに、自分たちでゼロからプロジェクトを作ります。卒業後の進路からも明らかですが、IDEでは新しいものを世に生み出す楽しさを体験します。人生が完全に変わってしまっても良い方、心の底からおすすめな学科です。

今回の内容
(1) Gateway 1 | スコープの設定
(2) Gateway 2 | コンセプトの決定
(3) Gateway 3 | アイディアの決定
(4) Exam | 最終プロトタイプのデリバリー
(5) 中間発表展・卒業制作展
(6) その後の進路



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださってありがとうございます!

ありがとうございます!!
20

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
2つのマガジンに含まれています

コメント2件

丸山さん

初めまして、yamauchiと申します。

突然のご連絡失礼致します。
私はRCAのIDE, GID, Service Designのプログラムに今年アプライする予定のものです。
そこで丸山さんのnoteの記事を読ませて頂き、とても具体的にIDEの内容が記載されており、もし宜しければIDEについてお話お聞かせ頂きたくご連絡させて頂きました。

もしお手すきの時にでも、ご確認頂ければ幸いです。
コメントありがとうございます!3つのプログラムにアプライするんですね!何か気になることがあればお気軽に質問ください〜!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。