見出し画像

「し続けること」と「しないこと」を大事にする

続けることが大事な健康維持


私、ベスト体重から10㎏以上増えまして、8月25日の40歳の誕生日を節目に、健康のことも気づかい、ダイエットをしようと思っているのですが、ただ、過去の経験から、一気に痩せる(集中してやる)と後が続かないので、これも、重く考えずにやることが重要かなと思っています。こういうのは「続けること」が大事だと思うので。

ただ、「何を続けるか」というのはとても重要なことだと思いますし、それと同じくらい、今まで日常的にしてきた良くない習慣を「しないことを続ける」という事も重要だと思います。大盛りにしない、早食いしない、ラーメンを2日続けて食べない、夜10時を過ぎたらアイスは食べない、二郎は3か月に一回だけにするなど。


タスク管理で「やること」に加えて「やらないこと」も書く

これも結構、続けることが心理的に難しいことですね。基本的に「やること」については、何らかの方法で管理していると思うのですが、最近「やらないこと」を管理し始めました。いろいろなことが気になってしまう性格なので「あれはやったのか」とか、「これは終わっているのか」など、スタッフのあれこれが今まで気になっていましたが、これをやっているとスタッフ側は「誰かがやってくれる」と思って、危機感が薄れてきます。


あえて「やらないこと」で“成長”できる環境をつくる

なので、最近はあえて「やらないこと」を自分で管理することで、周りの人がそれを「やること」として捉え、そのことにより周りの「やれること」が増えて来るという事がわかってきました。そうすると、「できないことをやる」重要性でも書きましたが、周りも「できないことができる」ようになり成長へとつながりますし、自分自身もどんどん今できていないことをやるようになるので、自身の成長にもつながっていくのだと思いました。



あえて「二郎」を頻繁に食べることで“痩せる”ことへの意識を強くする

もう完全に逆の発想です。太るものを食べてしまった、その後悔の念を原動力に、それを上回る運動をする。そのサイクルを頻繁に回すことで、引き締まった体を作り上げる・・・。そんなこと無いですかね。こういった類のスキームで成功された方いたら教えてほしいです。これは完全に妄想かもしれません。(写真は、先日行ったメグジです)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

白井淳 / Jun Shirai / PLUS-D I...

GROWTH THE “CLIENT BUSINESS” WITH CREATIVE.を掲げ 「PLUS-D」を経営しています。 https://plus-d.co.jp/ プロフィール https://plus-d.co.jp/people/jun_shirai.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。