【Public Notes】 「規制のサンドボックス」制度とスタートアップによるルールメイキング

近年、AI、IoT、ブロックチェーンなどの新しい技術や、それらを用いた新たなビジネスモデルが登場し、私たちの暮らしを変え始めている。ただ、このような技術やビジネスモデルは革新的であるがゆえに、既存の規制法令に触れてしまい、世の中に実装できないということがある。このような状況を打破するため、政府は2018年夏より、「規制のサンドボックス」制度という新たな規制改革制度をスタートさせている。

▼規制のサンドボックスとは
「サンドボックス」とは「砂場」のことであり、安全な環境で自由に試行錯誤できる場所といった意味合いのようだ。「規制のサンドボックス」は、新しいビジネス等について規制に抵触するなどの懸念がある場合に、まず既存の規制の適用を受けない環境下で、事業ではなく「実証」として実験を行ってみて、その実証で得られたデータを基に安全性などを証明し、規制の改革に繋げる制度である。これまでも、政府の規制改革制度としては、国家戦略特区やグレーゾーン解消制度などがあったが、「実証」を可能とするスキームは無かった。この規制のサンドボックス制度は、「まずやってみる」というコンセプトの下に、実証を可能にする新しい規制改革ツールであり、イノベーションを生み出す企業、特にスタートアップにとって追い風となりそうだ。

Public Meets Innovation 分科会でもサンドボックス制度について議論

▼規制のサンドボックスの実例
他国でもサンドボックス制度はあるが、フィンテックやエネルギーなど一部の分野に限られているのに対し、日本のサンドボックスは事業分野の限定が無い点が大きな特徴だ。制度開始以降、実際に下記のように幅広い事業分野で認定案件が出ている。今後、これら実証で得られたデータを基に関係規制の見直し等が検討されるようであり、これまで日本になかった新たなサービスや製品が世に送り出されることになりそうだ。

「規制のサンドボックス」認定分野、案件

内閣官房HP:
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/regulatorysandbox.html#how

▼サンドボックス活用によるスタートアップのルールメイキング
スタートアップが新規事業を生もうとする場合、これまでにないチャレンジングなビジネスであるが故にどうしても既存の規制への抵触が懸念される場合がある。このような背景からサンドボックスを利用するスタートアップも多い。実際、上記のヘルスケア案件2件もヘルステック系スタートアップ2社が申請したものだ。
また、政府のスタートアップ支援プログラム「J-Startup」に選定されている株式会社カウリスもサンドボックス制度を利用しているスタートアップだ。(上記不正防止に関する実証を実施中)
先日開催された「J-Startup」に関連したトークセッション「J-STARTUP HOUR」では、カウリス社が登壇し、サンドボックス制度を共同で利用している大企業担当者や、政府の担当者と共に、サンドボックス利用に至る経緯や、その効果についてパネルディスカッションが行われた。

(2019/4/18「J-STARTUP HOUR」@虎ノ門ヒルズカフェ)

その中で、スタートアップ側からは、「スタートアップも積極的に規制への対応、ルールメイキングを図ることで、ブルーオーシャンが開ける。またサンドボックス制度などで、政府の認定を得ると大企業との連携もしやすい面がある。ファーストペンギンとしてチャレンジする価値はある。」といった声があった。大企業側からは、「サンドボックスの利用など、新しい取り組みをしていると、チャレンジングな企業という印象をもってもらえる。スタートアップからも声をかけてもらえ、新規事業開発に繋がる。」という意見が出た。また政府側からは、「特に最先端の分野は、政府だけでルールメイキングができるわけではない。新しいアイデアをもつ企業にはどんどん制度を使ってもらい、イノベーションを起こしてほしい。」といったコメントがあった。

今後も、このようなスタートアップによる規制への挑戦、ルールメイキングが注目される。

▼規制のサンドボックス相談窓口
制度利用の相談は随時、内閣官房の窓口にて受け付けている。「斬新な事業アイデアはあるが、規制が・・・」という場合は一度相談してみてはどうだろうか?

〇「規制のサンドボックス」相談窓口・実証認定案件一覧(内閣官房日本経済再生総合事務局HP)https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/regulatorysandbox.html#how


(参考)
〇「規制のサンドボックス」制度概要
https://www.meti.go.jp/policy/jigyou_saisei/kyousouryoku_kyouka/shinjigyo-kaitakuseidosuishin/download/sandbox_overview.pdf

〇「J-STARTUP HOUR」第32回 4月18日18:00-19:00
<サンドボックス×J-Startup ? スタートアップが制度を変える、社会を変える>
http://venturecafetokyo.org/j-startup-hour/

〇「J-Startup」 HP:https://www.j-startup.go.jp/


PublicMeetsInnovation HP



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! よろしければシェアもお願いします!
9
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。