見出し画像

ひなちゃんのこと

新しい靴を買った。

家に帰り、靴の裏に貼ってある注意書きのシールをはがす。

ツンと鼻をつくような、ゴム底の匂い。

“新品の靴の匂いだ“。

そう自覚した瞬間、ひなちゃんのことを思い出す。

この続きをみるには

この続き:3,320文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
熱くも冷たくもない常温の温度感をめざしています。週に1〜2本は読みもの感のあるエッセイ、加えて、数百字程度の短文心象スケッチのようなもの、また購読者さん向けのおてがみや雑記などもときどき入ります。紙の雑誌のように、同じ空気感の中でもいろんなテイストのものを入れていきたいです。現在は火・金の11:00更新。ひとりランチで気分転換のおともなどに。

日常にまつわるエッセイを書きます。まぶしい情報があふれるWebのなかで、どうでもいいことをものすごく一生懸命に書きます。気持ちが疲れて...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

書きつづける、はげみになります。ありがとうございます。もしよかったら、定期マガジン『とるにたらない話をしよう』をちょっとの間でもご購読いただけたら、何よりも、気持ちのはげみになります。

ありがとう(๑˃̵ᴗ˂̵)وとっても励みになります!
15

ぽこねん(poconen)

書き撮るひと@福岡。熱くも冷たくもない常温の日常エッセイを集めた定期購読マガジン『とるにたらない話をしよう』運営中。ライターと家事と育児と。日常、育児、夫婦、食、暮らし、生き方、多様性、旅、ワーホリその後。ただいま2歳児に親育てられ中。

とるにたらない話をしよう

日常にまつわるエッセイを書きます。まぶしい情報があふれるWebのなかで、どうでもいいことをものすごく一生懸命に書きます。気持ちが疲れているときにも読めるような、たんたんとした平常トーンをたいせつに。 実用的ではないけれど、読んだひとの気分がチューニングされたり、肩の力が抜...