「ラブホテル=デート」で提案する際のたった2つのテクニック

まずは旦那さんからスルーされたことについて、遺憾の念を表明します。
わたしもよくかれぴから色々とスルーされるので、お気持ちお察しいたします。

というか、旦那さんのほうからデートに誘ってくださるんですか?!
それ、最高じゃないですか....。いいなあ....。もはや質問者さんのご夫婦関係でお悩みはなさそうなので、以下、いかに男性をデートでラブホテルに誘うかについて戦略を書きます。笑

ラブホデート戦略その1「ラブホの前にロマンティックなシチュを設定」

完全に仮説ですけど、旦那さんはデート=ロマンティックな感じ、特別な感じをイメージしていたのではないでしょうか?

ご本人の想像するラブラブデートが、ラブホテル滞在のイメージと離れてたから「ちょっと違うw」と受け取られたのかもしれませんね〜。

でも質問者さんは、ラブホテルにただ旦那さんと行ってみたかったのか、エッチが猛烈にしたくてしたくてたまらなかったのかは分かりませんが、とにかくラブホにいきたかったんですよね。

なら、折衷案としてロマンティックなバーやおしゃれカフェなどでおしゃべりを楽しんでから、近くのラブホになだれ込んで愛を確かめ合うというプランを練ってみてはいかがでしょうか?

わかりやすいデート感があるので旦那さんもノッてくれるかも?

ラブホデート戦略その2「ラブホはまったりできるところ」アピールする

エッチで体力を消耗する男性はけっこういます。女性と違い、物理的に一定の質量を放出するイベントが伴うので、疲れやすいのかもしれませんね。

ましてや、ラブホのイメージは多くは「エッチ専用スペース」です。「俺はどんだけ腰を振って消耗することになるんだ、どんだけ搾り取られるんだ?!ヒィ〜!!」と身構えてしまう方も少なくないかもしれません。(個人的にはそんなに腰を振る必要なんてないと思っていますが、セックス=腰を振る=疲れる、というイメージをもつ男性が多いことは事実です)

そんな時には、個別のラブホ情報をもう少し詳しく調べて、ラブホはゆっくりできるデートに最適なスペースであると伝えてみましょう。

最近のラブホは、お風呂場にジャグジー、泡風呂、テレビ、あと備品でWiiとかプレステがプレイできる....なんてところも多いです。一般的にカラオケ機能も使えるし、飲食もその場で注文し放題。言い方を変えれば、ダラけられるし、娯楽にも溢れたこれ以上ない環境なわけです。

「疲れそう」と思ってる旦那さんには、むしろゆっくりできるんだよ、ということを伝えてあげてはいかがでしょうか?



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご感想をSNSでシェアしていただけたら、すべて目を通して、うれションしまくって喜びます。

バイブレーションしました
2

ブロガーぽかべ氏

ブロガー / セクシャルなお悩み相談が専門のカウンセラーになるため勉強中です / カウンセリングサービス販売中! / 「性は身近なもの」「人類みな変人」がモットーのフリーランスブロガーです!

お悩みしつもんばこ

質問箱.peing に寄せられたお悩みに 回答しているnoteたちです。 性のお悩みもふくみます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。