オナニーと、じわじわイチャイチャエッチをしてみましょう

質問箱でいただいた、下記の質問にお答えしたいと思います。

突然ですが、彼氏と性行為をするのが怖いです。
彼は私が怖がっているのを知っているので無理にしようとはしてきませんが、どうしたら性行為に対する恐怖を拭うことができますか?
私も気持ち的には受け入れたいですが、その先にあるであろう痛みに怯えてしまっています。

今回は結論からいきますね。

結論:ちょっとずつ、エッチのイメージをいい感じに塗りかえていこう。(もしくはオナニーで練習しよう)

です。

ご質問の文章を読んだだけで、質問者さんならきっと乗り越えられると確信しました。時間はちょっとかかるかもしれないけど、だいじょうぶですよ!

5才にして歯医者を出禁になりました

すこし話はそれますが、私は5才のときに出入り禁止になった歯医者があります。なんでかというと、歯医者の台に座るのが恐ろしすぎてずーーーっと院内を逃げ回ったり、挙げ句の果てには院から脱走したから。実はお医者さんは父母の知り合いだったのですが、さすがに「もう来ないでください」と言われたそうです。実はこれ病院で注射をするときも同じことが起きていて、毎回捕獲されて2人の看護婦さんに取り押さえられながらの注射だったそうです。でも面白いことに、注射が終わったらケロッ!とした表情で「もう終わり?」なんて言ってたそうです。なんて迷惑なガキなんだ。

大人になった今、わたしは歯医者も注射もいちおう無事に施術を終えることができています。この違いはどこにあるんでしょうか?
それは経験の差です。もっと言うと、過去の経験によって「医者にかかる」というイメージが積み重なり、具体的な内容や痛みの程度が事前に予測できるようになったので、「まあ大丈夫だ」という安心感を持てるようになったんです。

セックスってちょっと特別なイメージを持たれることが多いですが、経験を積んで慣れていくという流れは、歯医者や注射とまったく同じなんです。そもそも、よくよく考えてみるとセックスって内臓同士を擦り合わせる行為で。そんなのメッチャクチャ怖くて当たり前。ですから、質問者さんは異常でもマイナスの状態でもなんでもありません。

まずは、セックスと自分の体について知る

(質問の文字制限があって情報が少ないため、こちらは質問者さんが「あまりセックスの経験がない」前提で書いている段落になります。事実と違う場合にはご容赦くださいね。)

人間は知らないことをする時には不安を感じる性分なので、その先どうなるかイメージがつかないと怖くなります。ですから、知人に実際のセックス体験談を聞いておくのがホントは一番いいです。(ネットにも体験談が溢れていますが、創作や妄想の場合もあるので全てを信用できるわけではありません)人に聞きづらい場合は、信頼できる出版社の本や雑誌などの特集も参考になります。

また、自分の体について知ることも重要です。私自身も、セックスがまだまだ未知で「痛かったらどうしよう....」と怯えている頃がありました。その時にしたことは、オナニーです。笑

あれは中学生の時....。「高校生になったら、エッチするかも。じゃあ痛くならないように準備しなきゃ。」そう考えて、じぶんで膣開発をスタートしました。エロいことを考えたりネットでエロいコンテンツを見て気分を高めてから、指を挿入したり....。最初は違和感しかありませんでしたが、Gスポットの位置などが掴めてきた頃あたりから、膣で感じるとはこういうことなのか!と実感できるようになりました。そして、高校2年生のときに当時付き合っていた男の子とめでたく初エッチしたのですが、緊張したし実際はかなり痛かったです。でも、自分の膣がどう反応するか知っていたこと、初エッチは多くの人にとって痛みを伴うものという前知識があったので、心に余裕をもつことができました。

オナニーには良い副作用もあり、自分のエロスイッチを入れる練習にもなります。コンテンツを見てドキドキする感覚とか、頭が真っ白になる感覚を覚えておけば、セックスの時にも没頭しやすくなります。没頭すれば緊張も緩和しますし、身体も開いてくるので行為を楽しみやすくなりますよ。
なにより、自分の身体への刺激をすべて自分でコントロールできるので、身体を触る行為そのものにも慣れていきます。

オナニーで気持ちよくなれたら、けっこうエッチへの抵抗感がなくなるよ!

ほんとね、世間の「女性がオナニーするなんて」みたいな風潮、キレイさっぱりなくなってほしいですよ。オナニーは必要なことなんだよ〜!

ふたりで「じわじわ・イチャイチャ」とエッチしていく

こちらは彼と一緒にすることなので協力が必要です。幸い彼氏さんは質問者さんの気持ちを汲んで、ちゃんと話を聞いてくれるかたのようで安心です。

「●●くんと一緒に気持ちよくなりたいから、協力してほしい」と、ぜひ話してみてください。彼自身、心の中に「どうしたらいいかな」「してあげられることはないかな」と不安を抱えている可能性もあります。質問者さんの想いを知ったら、真剣に考えてくれているんだなぁ、と嬉しく感じるんじゃないかなぁ。

具体的にどうするかというと、だんだんとイチャイチャの範囲を広げていくだけ。彼と触れ合っていて、気持ちいいなあと感じる瞬間がありませんか?背中からハグしてもらっているとき、お布団で抱き合っているとき、などなど。セックスはそんなコミュニケーションの延長線上にあります。

手をつなぐ、隣に座りながら手足を絡ませて話す....そんなことからでもOK。
ベッドでただ横になって隣で寝る、キスする、キスで舌を絡ませてみる。
今度は裸で横になってて、ただただ抱き合ってみる。素肌って触れ合っているだけでもすごく気持ちがいいですよね。(男性はこの時点で勃起するかもしれません。可能であれば手や口で出してあげると喜んでくれると思います。しなくてもいいけど。)
次に、お互いにただ乳首を触りあってみて、感想を言ってみる。次回はクリトリスだけさわってもらう。クリトリス愛撫に慣れてきたら、少しだけ膣も触ってみる。(撫でるだけで挿入しなくてOK)抵抗感がなくなったら、指を一本だけ入れる、でも動かさない....。
膣を触る時にオススメなのは、ローションを使うこと。水性タイプの、体に害がないものを選んでね。これは全女性共通だけど、膣内が濡れていないとなにをしてもダメですw。健全なエッチで生じる膣の痛みって、ほとんど乾燥してるところに衝撃が加わる痛みなんですよ。逆に濡れていたら痛みも感じづらくなります。ぜひ、ぜひローションをつかってください!彼氏と一緒に選びましょう。
ちんちんの挿入は慣れていないと痛いかもしれないですが、痛くても死にません。入れている時に、彼に頭を撫でてもらったり、愛を感じるキスをしてもらってください。「こんなに愛しい彼と繋がっている」と思うと幸せを感じられます。痛みさえも彼を感じられる幸せに転化する瞬間があります。

時間はかかるかもしれませんが、1日に少しずつだけでもいいので、「触り合うのって気持ちがいいんだな」とか「すごく気遣ってくれてるな」というポジティブな実感を積み重ねていくと、だんだんと安心できるようになりますよ。

むしろ恵まれた状況なのかもしれない。

質問者さんのご状況は、セックスについて彼と密なコミュニケーションを取れるチャンスでもあるんですよ。

世の中のカップル・夫婦のなかには、なまじっかサクッと挿入できてしまったがゆえに、セックスについてそれ以上の対話をする機会が持てない人も多くいます。対話の必要がないと思い込むからですね。その結果「エッチで満足感が持てない」という実感が積み重なってセックスレスになったり、セックスを心から楽しめる関係を持てないこともあります。

質問者さんはいま大変お悩みかと思いますが、これは彼と丁寧な対話をする貴重な機会だと思いますよ。おふたりならきっと大丈夫です。少し勇気を出して、ぜひ話し合ってみてくださいね。応援しています!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご感想をSNSでシェアしていただけたら、すべて目を通して、うれションしまくって喜びます。

あっひゃぁぁぁ!!!!
9

お悩みしつもんばこ

質問箱.peing に寄せられたお悩みに 回答しているnoteたちです。 性のお悩みもふくみます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。