ペガサスまでたどり着いたソロプレイヤーによるデュエリストキングダムごっこ振り返り

5月4日から5日にかけて行われた、デュエリストキングダムに参加してきました。僕はリア友はおろか、ツイッター上での知り合いも誰一人いないという状態での参加でした。ですが運が良かったこともあり、250人中数人(多分5人かな?)しかたどり着けないラスボスと戦うことができました!今回はそんな様子をレポートしたいです。

14:30~ 入場とデッキ受取

山道を登って現地に到着。凄いクオリティの高いコスプレをした方々がいてテンションが上がる。受付でデッキを受け取り、控室でスリーブ詰めを行う。デッキの内容は(ほかの人もそうだったと思いますが)なかなかに酷く、羽蛾からゴキボールをもらったモブみたいな顔をしてました

15:30~ デュエル開始

大会が始まる。最初の数戦は勝ったり負けたりを繰り返す。途中キングデッキを使うプレイヤーキラーにレモンを出されて蹂躙され、このイベントやばいんじゃないかと若干不安になってくる。

16:30~ 超楽しい遊戯王テスト

ここから3回の教室で遊戯王の知識テストが始まる。全4回で、原作、原作アニメと外伝、GX,ファイブディーズ部門があった。10問中5問正解で大会中に使える通貨がもらえる仕様。「半分正解でいいのか!」と侮るなかれ。問題はかなり難しく、合格点に達した人は半分以下という印象でした。出てきた問題としては、

・千年アイテムを全て書きなさい

・ペンギン・ナイトメアになって杏子と対戦したビックファイブの名前と年齢を書きなさい(僕は苗字と年齢は書けました 僕アイツ大好きなんです あいつの声真似して下手すぎて友達にドン引かれたこともあります)

・GXより、「白の結社」において唯一洗脳されていなかった生徒は誰でしょう

・スターダスト、レットデーモンズの召喚口上を書きなさい

などがありました。僕は幸いにも全4回中3回のテストで合格点に達することが出来、ゲームを有利に進めることが出来ました、

18:00頃~ 初めての地下落ち

健闘むなしく、ここでスターチップが無くなってしまう。この時間でのペナルティは、地下闘技場で5回デュエルをすること。同じタイミングで地下落ちしたむらちきさんと5戦して、30分強で脱出に成功。

21:00~ デッキの方針決定、二度目の地下落ち

 そこそこ潤沢な資産があったため、ショップで地属性モンスターくじを引き、「速攻のかかし」などを手に入れる。初期デッキに地属性が多かったこともあり、地属性デッキを目指すことで方針が固まる。そのため「ガイアパワー」などを持ってる人にトレードを申し込むも、向こうにとっても貴重ということでトレードは不成立に。しかしその後、強化パック(デュエルに負けるとスターチップを失う代わりに強化パックがもらえる)から「ガイアパワー」を一枚ゲット。

 デッキ自体は組みあがっていったが、当然他の人も強くなっていってるので、負けるときも多々ある。この時間で2回目の地下落ち。

22:00~ 目標を新たにする、迷宮兄弟撃破

 地下から二度目の復活後、一回目の地下闘技場で戦ったむらちきさんと今度はスターチップを賭けて対戦。対戦後、むらちきさんは明日用事があるため、終電で帰らければいけないことを聞く。そして帰りがけに、余ったむらちきさんのカード数枚を譲ってもらった。マジで譲ってもらって嬉しかったです。ありがとうございました。

 僕はこれを意気に感じて、どうにかしてラスボスまではたどり着きたいと目標を持つことになった。そのためにはデッキ強化ということで、ショップに行きガジェット3枚セットを3000で購入。地属性ガジェットデッキを目指すことにした。

 日を跨ぐころに迷宮兄弟と対戦。この時は混雑してたこともあり、迷宮兄弟デッキでなく、普通のプレイヤーキラーデッキが相手だった。それが功を奏したのか、一発で勝利する。

2:00~ 強力シングルカード発売開始

 深夜になり、3階にて汎用も含めたシングルカードが売り出される。カードの値段は当初高かったが、売れないカードはどんどん安くなっていく様だったので、3時過ぎには手が届く価格になっていた。ここでガジェット三枚セットをもう一セット、「強制脱出装置」を2枚購入。(強脱は2日目増えると予想されたシンクロやエクシーズに強いため。)強化パックの分も含めて、強脱はこれで3枚に。ガジェット6枚、ギガンテス3枚、強脱3枚が入った、「除去ガジェットもどき」が完成する。

 また、この時間から各所で強力カードが商品となったオークションが始まる。ブレイカーやサイクロンといった汎用カードに、1000、2000、…6000で買った!と群がるデュエリスト達。僕は資産の関係で参加できなかったが、見ているだけでもすごい面白かった。現代環境だとストレージでも余ってるようなカードを欲して、多くのデュエリストが声を張り上げる姿は、ある種感動的でもあった。

5:00~ なんかすごい勝つ 中ボスの遊戯と海馬を撃破

 「除去ガジェもどき」はやっぱり強く、この時間でスターチップを20弱まで伸ばすことに成功。多分この時間は、仮眠から起きてきた人も多くて、徹夜してた僕のデッキとカードパワーに差があることもあったのかもしれない。

 そのままの勢いで、中ボスの遊戯と海馬を倒すことにも成功。対戦後に話を聞くと、導入当初の海馬デッキは強すぎたため、少し弱体化を施したそうだ。遊戯デッキ、海馬デッキは共に上級モンスター(ブラマジと青眼)が主体のため、事故るときは結構事故る。その隙をついて撃破できた感じだった。

7:00 朝カレーを食べる

 人口密度の高い空気に少し疲れたので、外のキッチンカーでカレーを買って、山の空気を吸いながらカレーを食べる。それでも10分と経たずにデュエルがしたくなり、建物内に帰る。今から冷静に考えると、あんなに空気の良い環境が外にあるのに、それを放り投げてぶっ続けでデュエルしてんの、自分含め全員頭おかしいんじゃねえかと思う。

 遊戯と海馬を倒した自分がラスボスまでに倒すべき相手はあとはマリクのみ。一階受付の近くにある机に広げてあった、スタッフ用のシフト表を盗み見て(ごめんなさい!半分わざとじゃないです!見つけちゃったんです!)マリクが出現するのが10時頃からと把握する。

9:00~ デュエルマッスルの重要性に気付く

 マリク出現まで時間があったので、前々からやってみたかったデュエルディスクを使ったデュエルを体験したいと思い、ディスクレンタルを行ってくれていたふれれらさんと、1000カイバー払ってデュエルをする。いざディスクをつけてみると、左腕の外側が以上に疲れることがわかる。デュエルディスクは構造上、腕の外側にその重さが掛かってくるが、その辺の筋肉は普段使われないため、人間そんなに発達していないのだろう。ただ、デュエルディスクをつけて、「俺のターン!」と叫ぶのはやっぱり滅茶苦茶楽しい。ふれれらさん曰く、「俺のターン!」と叫んでもらい、先行を取らせてあげるまでがアフターサービスのようだ。ものすごく楽しかったです。ありがとうございました。

10:30~ 闇マリクと対戦 闇のゲームに負ける

 10時ごろ、3階のホールに闇マリク出現。口調からコスプレまで、マジで完成度が高いお方だった。自分は二番目の挑戦者となる。いざ戦ってみると、マリク側の魔法、罠カードの強いこと強いこと。強欲、施し、ミラフォに奈落の雨嵐。その中で出てきたラーを、一度は「死のマジックボックス」で倒すことに成功。僕もテンションが上がり、「神への魔法効果は一ターンのみ受けつける」とノリノリで言ってたら、マリク側も「神にもランクがあってねェェ」と完璧な返しをしてくれる。超楽しい。最終的には、冥府の使者ゴーズにこちらの攻撃を止められ(マリク曰く、「ゴーズは冥府の使者だから、闇の力を持つ俺が使ってもイイんだよォ」)、再び出てきたラーの攻撃を受けて敗北。城之内くんの気持ちを味わう。

11:00~ マリクと再戦、撃破

 マリクに負けたら、スターチップを5個失うペナルティがあったが、自分はペナルティ無効カードを持っていたためそれを帳消しに。一時間後に再戦し、今回はお助けミラフォなども駆使することで、無事に勝利。ペガサスに挑むまでの壁は、のこりスターチップ3個となる。

 対戦後少しして、ペガサスを倒した人が出たと小耳に挟む。自分も頑張ろうと、スターチップ集めに精を出す。

11:30~ 残り3つのスターチップ集めに大苦戦

 この頃自分の中では、残り3つでクリアだったこともあり、「まああと3つはパパっとあつめられるだろ」的な慢心が結構あった。がしかし、いざ戦ってみると、他の方々のデッキがまあ強い。しれっと出てくるサイバードラゴンなどの強力モンスターにこちらのガジェット君たちは蹂躙されっぱなし。いろいろな強化措置が取られていたこともあって、楽に勝てるデッキは一つもなかった。凄い焦りながら勝ち負けを繰り返し、10戦ほどしたところで、ようやく星が30個に。今から振り返ると、こうした緊張感でデュエルしてるのはすごい楽しかった。

その後、満を持してペガサスに挑む。

12:30 ラスボスの鬼畜ペガサスにボコられる

 満を持してのペガサス戦。デュエル開始と同時に、ペガサス側から「マインド・スキャンをするので、手札を見せてください」との通告が下る。「自分は多重人格者であり、マインドシャッフルが使えるから手札は見せない」とか適当言って抵抗してみるものの、がっつり手札を見られる。そうして始まったデュエルは、あちらの禁止カードオンパレードにボコボコにされることに。強欲な壺を2連発されたときには、思わず海馬のようにアタッシュケースでぶん殴りたくなってしまった。総じて、初見のトゥーンにボコられた海馬の気持ちを味わうことができた。

 また、ボコられはしましたが、大勢のギャラリーの前でデュエルできたことは素直に死ぬほど楽しかったです。

1:00~ 二人目のペガサス撃破者のデュエルを見守る

 自分の次にペガサスに挑戦した方は、グラビティバインドなどを使って攻撃をさせずに、バーンやデッキデスを主体に戦うデッキを組んできていた。完璧な対策だと思った。ラスボスのペガサスはいつでも使える「神の宣告」を2枚持ってるんだけど、その分ライフはすぐに2000になりやすい。その挑戦者の方も、そうして減ったライフを「燃え盛る大地」で削りきっての勝利。すごく盛り上がったし、かっこよかった。

2:00~ クロージング 帰宅

 2時からの閉会式に参加して、解散となり帰宅。24時間遊戯王していたため、ヘルニア持ちの腰が悲鳴を上げる。ヒーヒー言いながら下山し、帰宅。

感想と良かったところ

・まずは滅茶苦茶楽しかった!!!これに尽きます。24時間ぶっ続けでデュエルしたのはもちろん人生初ですし、アニメのノリでデュエルすることもできました!最高でしたね!

・ボスの難易度調整がフレキシブルに行われていた。
 上でも触れましたが、海馬デッキは当初強すぎたため、一度バランスを考えて深夜帯は少し弱くなっていたようでした。逆に2日目の最終局面では、見た感じ再強化が施されていました。(アルタナティブとかいたからね。)自分はこの難易度調整の恩恵を大いに受けてラスボスまで行くことができました。逆にこの調整で割りを食った人もいると思いますが、参加者のデッキレベルの平均に合わせてボスのデッキの強さもリアルタイムで変える、という考え方はゲームを面白くするためにとても重要であり、そこがうまく機能していたと感じました。
 

・大きなトラブルが起こらなかった。みんな紳士的だった。
 この人数が徹夜して、大きなトラブルが無しってほぼ奇跡に近いと思います。僕も大会を通して常に楽しく遊戯王が出来ました。ありがとうございました。

次回に向けての提案

・大目標以外にも、さまざまな目標が欲しい。
 多くの人のモチベーションを保つために、ラスボスを倒すという大目標以外にも、いくつかの小目標が欲しいです。例えば、「プレイヤーキラー相手にエクゾディアで勝ったら粗品進呈」や、「プレイヤーキラー相手に火の粉でとどめを刺したら粗品進呈」とかです。今回もいくつかの条件を満たすと通貨がもらえる、というのはありましたが、次回はその方向をもっと強化して欲しいです。

・談話室が欲しい
 これだけ多くの遊戯王好きが集まりましたが、ずっとデュエルしていたこともありw、僕は人とゆっくり話すことはほとんどありませんでした。次回はいろんな人と遊戯王トークをしたい人が集まる部屋があればいいと思います。そういう部屋があれば、集まった人同士でも話しかけやすいと思いますし。

総じて、参加して本当に良かったと思える、最高のイベントでした!!もし次回参加したら、もっと人と協力して、ゲームを進める楽しみ方をしたいと思っています!ありがとうございました!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

谷ドン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。