時事問題士 一条直宏の時事ノート

あなたに必要な時事力を。試験勉強をしている方々に、時事問題を効率的に学習してもらいたい。ニュースをじっくり見る暇もないあなたの代わりに、日本唯一の「時事問題の専門講師」が時事の要点を整理します。早大卒、政経全国1位。問題形式の『最強の時事〜公務員昇任試験編』をnoteで発売中。

2019年度公務員昇任試験時事問題12問

2019年度の公務員昇任試験を対象に作成した時事問題12問です。 9月末に公開したものに、市販の問題集がカバーできていない8月末から9月中の重要時事である、G7サミット、...

300

①6/7合計特殊出生率(2018年)

・【1.42】

・前年比で0.01pt下回った。

・最高は沖縄1.89。最低は東京1.20

・昨年、結婚した男女は約58万組と戦後最少

・初婚の平均年齢は男性が約31歳、女性が約29歳で男女とも5年連続で同じ

的中率の先にあるもの

下記は、筆記試験に出る時事問題の知識だ。 「2018年の日本の交通事故死者数は年間3,532人で、統計を取り始めたS23年以降過去最少となった。」 最近、高齢者による交通事...

③5/25WHO(世界保健機関)総会で「国際疾病分類」を29年ぶりに改訂

・「性同一性障害」について、「精神障害」の分類から除外し、その名称を「性別不合」に変更

・障害と分類されなくても、当事者が望めば生殖能力をなくす手術などの医療行為を受ける権利は保障されるべきとした。

②5/23OECD閣僚理事会の閣僚声明

・焦点だった自由貿易の重要性について、米国の反発から閣僚声明には盛り込めず

・代わりに議長の権限だけでまとめられる議長声明として発表。3年連続で議長声明にとどまった。

③5/22OECD閣僚理事会が、AIを巡り開発者や運用者、加盟各国が順守すべき行動指針に関する勧告を公表


・個人情報やデータ保護の必要性を強調し、AI運用で「人間が最終的な意思決定をする余地を残す」べきと明記