見出し画像

いろづく山里

最高の青空。

きらきらと輝く虹色の陽光。

雪国の強い樹々たちの葉もようやく色づき始めた。

真っ先に目に飛び込んでくるのは桜。

いろんな色が混じった深い深い赤。

深紅の赤。

虹色の陽光を浴びて、紅玉の色に輝く桜の葉。

この地上で、最も美しい赤は、桜の紅葉の赤だ。

見上げると、どこまでも青い空の背景に、際立つ黄。

名前を忘れてしまったが、栗に似た葉が、虹色の陽光を浴びて、まっすぐな単一のスペクトルの黄色に輝いている。

首を振ると、ヤマモミジの小さな楓の葉が、虹色の陽光を反射して、眩しい赤に輝いている。

その赤から、黄色、そして緑へと、虹色のグラデーションを描いている。

遠くの、と言っても、ほんの数キロメートル離れた1,500メートル級の山々は、夕側に少し傾いた虹色の陽光を浴びて、赤い光を放っている。

秋の、秋から冬に至る、雪が降る前に、雪が降って、真っ白に染まる前に、ほんのひととき見せる虹色の光の舞、舞、舞。

しかし、今日は、どういうわけか、そんな光景を楽しむことができなかった。

昨年までは、はしゃぎまわって、カメラを持って、シャッターを押しまくっていた。

今年は、喜べない。

無理に喜ぼうとしていることに気づく有様。

去年と今年とでは、何かが違う。

何かが。

何かが。

あと2〜3日で、近くの神社の銀杏が黄色く染まり、神社の楓も赤く染まるだろう。

目を閉じると、家の北側に立っていた大きな銀杏のことを思い出す。

葉っぱの掃除がたいへんだ、と言って、数年前に切ってしまった。

子供の頃は、その銀杏の葉っぱで焚き火をして、芋を焼いた、その木。

思うに、銀杏のスペースには、家を建ててはいけない。

あとから来た僕たちが、先に立っていた銀杏を切ってしまってはいけない。

ひろいところに大きな銀杏が立っている。

僕が、広い土地を買ったら、そんなふうにできるといいと思う。

固定資産税なんて払わないぞ。

ゴミも、タバコの吸い殻も、捨てさせないぞ。

なんか、そんなことを思ったりしていた。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
3

山里ぽん太

Houdiniでお絵描きしています。 http://pontayamazato.sokowonantoka.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。