a resurrected souvenir

当時のCMソングの中の一節にあった「今の君はピカピカに光って」を、口元の公衆電話の受話器に向かって話して、そのあと、何か言ったのだけれど、何を言ったのか、覚えていない。

すると、耳に当てた受話器から、「いいんじゃない」と彼女の声がした。

お昼過ぎだったか、なにかの拍子に、ふ、と、思い出した。

良い思い出。

しかし苦い思い出。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
4

山里ぽん太

Houdiniでお絵描きしています。 http://pontayamazato.sokowonantoka.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。