ぐだぐだの人生だったなあ、と

今朝、起きて、布団を片付けながら、思った。

どうしようもない人生を生きてしまったなあ。

あのとき彼女と結婚していたら。

あのとき親の言うことなんか聴かずに好きなことをしていれば。

たられば、たられば。

いやいや、どうしようもない人生だったけど、精一杯がんばったなあ、でいいんじゃ。

でも、もっとできたような気がする。

誰かのために、何かを。

で、9時を回った頃に、この記事が目に入った。

「終わらない氷河期~今を生き抜く 就活失敗、ひきこもり…「当たり前」の人生が思い描けなくなったとき」

いやー、こうやって辛い思いをしている若い子がいっぱいいるんだよ。

「拳銃で頭を撃ち抜いて死ぬ」イメージは、僕も、何度もなんども思い描いた。

同じようなイメージをしている子がいるんだよ。

こういう子たちを集めてさ、会社作ってさ、みんなで楽しく暮らしてさ、同じような思いをしている子たちを励ましてさ、そんなことやってみたいじゃん。

辛い経験をした子が集まれば、そんなことだって、きっとできる。

と、いつもいつも、飽きもせず、餅を絵に描いている。

餅を絵に描いても、棚から落ちては来ない。

自分でもち米を撒いて、育てて収穫して、餅をつかなければいけないね。

https://mainichi.jp/articles/20190730/k00/00m/040/152000c


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
4

山里ぽん太

Houdiniでお絵描きしています。 http://pontayamazato.sokowonantoka.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。