ポパイマン

アトピー、食物アレルギー、気管支喘息、花粉症のハイブリッドアレルギー持ちの30代サラリーマンです。アレルギーは現代病なのでいろいろな本を読んで頭の整理する為書いていきます。会計、精神論、アレルギーで分類します。

【アレルギー】『砂糖病 -甘い麻薬の正体-』読了。1994年出版、ウィリアム・ダフティ著

著者のウィリアム・ダフティさんは、ご夫婦で自然派の作家さんです。
砂糖によってあらゆる病気になるので摂取しない方が良いと切々と説明されている本です。

気になったところをまとめます。
【砂糖や合成甘味料を食べるとどうなるか】
・精製糖の過剰摂取は、糖尿病、肥満、冠状動脈血栓症などの原因となる。
・日焼けするとヒリヒリする、そばかすができる、生理痛がひどくなる。
・精製によって自然植物繊維質が取り除

もっとみる

「アレルギーの人の家造り シックハウス•住宅汚染の問題と対策」読了【アレルギー】2008年出版

幼い頃からアレルギーに苦しみ、化学物質過敏症でもあり、自然住宅の建築家である足立和郎さんが書かれた「アレルギーの人の家造り」を読了しましたので感想と気になった部分を書きたいと思います。足立さんは普通の住宅にマスクなしには入れないです。大変ですね。

1990年代から、「シックハウス症候群」として報道されるようになり、2003年に建築基準法の改正(通称シックハウス法)されました。

改正の中身はほと

もっとみる

「大東建託の内幕"アパート経営商法"の闇を追う」読了【会計】2018年出版

元•山陰新聞で現在フリーライターの三宅勝久さんが10年以上に渡って取材した大東建託の悲惨な実情を書いた著書「大東建託の内幕"アパート経営商法"の闇を追う」を読了しましたので気になったところをまとめたいと思います。

•苛烈な労働環境

一日15,6時間勤務で土日祝出勤は当たり前、達成するのが難しいノルマ、上司からのパワハラ、地主やアパート経営者からの苦情、何をとってもよろしくない労働環境に大東建託

もっとみる

新版 まずはアパート一棟、買いなさい 読了【会計】2016年出版

2002年から不動産投資を始め、4年間7棟72戸利回り20%越えを達成された石原博光が執筆された

「まずはアパート一棟、買いなさい」を読了しましたので気になったところを書きたいと思います。

【気になったところ】

・本を読んでも実際に物件を買う人は100人に1人しかいない。

→おっしゃる通りですね。100人のうち、99人でなく1人になれるようにどんどん行動していきたいと思いました。

・物件

もっとみる

「スーパーサイズ・ミー」鑑賞【アレルギー】2004年米国で公開

一か月マクドナルドを毎日朝昼晩食べてどうなるかを監督自ら実践しながら、ファストフードの危険性をあらゆる視点から訴えるドキュメント映画を鑑賞しましたので感想を書きたいと思います。

2004年時点でアメリカの成人の60%が肥満で国レベルの問題になっています。医療費もどんどん上昇しているとのことです。そんな中で10代の女子学生が2人でファストフードが原因で肥満になったと訴えました。裁判の結果ファストフ

もっとみる

「食のリテラシー」読了【アレルギー】2017年出版

魚柄 仁之助さんという食生活研究家で、且つベストセラー作家の方が書かれた「食のリテラシー」という本の書評を僭越ながら簡単に書きたいと思います。

今の日本人はどうなっているんだという作者の意図を読んでみて感じました。何でも人やモノに頼るのはどうなのか、頼った挙げ句他人に文句を言うのはけしからんという印象です。自分本位で生きなさいと思わされました。

狩猟時代の飢餓時の優先順位
第1位 : 脱飢餓

もっとみる