オランダで起業・映像作家の小倉裕基さん

2018-03-13

映像作家として監督・撮影・編集などひとりで行っている小倉裕基さんにアムステルフェーンにてインタビューしました。小倉さんはアムステルフェーン初体験だそうですが、イメージしていたロサンジェルスのリトル東京とはずいぶんと違ったようです。

オランダにいらっしゃった経緯を教えてください。

2011年から13年までロサンジェルスの学校で映像を学びました。その後日本で活動していたのですが、英語で仕事をしたいとずっと思っていました。たまたまオランダで就業ビザを取得しやすいという話を耳にし、ではオランダを活動起点にしようと思いたち、2017年1月にオランダに来ました。ビザは2017年4月に取得しました。

日本ではどんな映像を作っていたのですか?

ミュージックビデオと企業ビデオが主な収入源でした。このほかに、自分でつくりたいドキュメンタリービデオもつくっていました。

ドキュメンタリービデオがハーグの映画祭で賞をとったと聞きました。

はい。自主制作ではなく依頼を受けてロンドンで撮影した作品なのですが、「ハーグ・フィルム・アワード2018」で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞しました。自主制作のドキュメンタリービデオも、アメリカの「ダム・ショート・フィルム・フェスティバル」をはじめ複数の欧米の映画祭で入選しています。

なんだかトントン拍子の人生に聞こえますが。

いえいえ、今まで壁にぶちあたり、それを乗り越えることを繰り返してきた人生です。

そうなんですか? 子どものころから?

この続きをみるには

この続き:1,400文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

オランダで起業したかたがたを定期的にインタビューしてご紹介しています。自薦他薦を問わずご興味のあるかたは、info@portfolio...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

Portfolio

オランダ・起業家インタビュー

オランダで起業したかたがたを定期的にインタビューしてご紹介しています。自薦他薦を問わずご興味のあるかたは、info@portfolio.nlまでご連絡ください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。