出産ドゥーラという天職をオランダで得た朝倉麻耶さん

2018-09-06

朝倉麻耶さんは、ちょっと耳新しい職業である「出産ドゥーラ」というお仕事をやっています。出産ドゥーラとはいったいなんなのか、そしてどのようにしてこの仕事を始めるようになったのか、などをお聞きしました。

まずこの出産ドゥーラについて教えてください。

出産ドゥーラというのは、女性の妊娠中から出産・産後までの期間、母親に寄り添い、日常生活をサポートする産前産後ケアの専門家です。オランダでは助産婦や産科医そして産後ケアのクラームゾルフ*など出産の前後のケアは完備していますが、それとはまた別に、妊婦そして母親に寄り添い精神的、肉体的なサポートをするというものです。

もうちょっと具体的に説明していただけますか?

はい、わかりにくいですよね。例えば妊娠20週目ぐらいから妊婦さんといっしょに出産プランというのをたてます。もちろん助産婦さんや医師と相談してもいいのですが、それとは別にどんな出産を希望しているのかを聞いて妊婦さんの側にたったプランをたてまるのです。例えば出産時の痛みに耐えられないときには無痛分娩を希望するのかどうかなどをいっしょに考え、これを医師などに伝えます。妊婦さんの検診にも何度か付き添い、担当医や助産婦と面談しておきます。ドゥーラはいつも助産婦、産科医、そして妊婦さんのパートナーと連携をとっていますので、独り歩きすることはありません。分娩中には、アロマオイル、フットマッサージや指圧などをして痛みを和らげたりするのもドゥーラの役目です。産後はクラームゾルフ*さんの期間後に必要に応じてサポートを行います。ハーブバスに浸かるなど一人の時間をつくってあげたり、体型を戻す為に骨盤絞めをするなどです。とくに、出産に関しては助産婦さんや産科医に押し切られることが多々あるのですが、妊婦さんといっしょによく考えてから、それを伝えるということもやっています。ドゥーラは妊婦さんが希望するお産が出来るように全面的に支えます。

なるほど。妊婦さん、とくに海外で出産する人にとっては不安を和らげる上、助産婦や医師とのコミュニケーションもスムーズにしてくれる存在なのですね。朝倉さんは、どんなきっかけでドゥーラになろうと思ったのですか?

この続きをみるには

この続き:1,065文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

オランダで起業したかたがたを定期的にインタビューしてご紹介しています。自薦他薦を問わずご興味のあるかたは、info@portfolio...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

Portfolio

オランダ・起業家インタビュー

オランダで起業したかたがたを定期的にインタビューしてご紹介しています。自薦他薦を問わずご興味のあるかたは、info@portfolio.nlまでご連絡ください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。