SNSで「消えていく」ものたち

少し前まで、タイムラインであんなに見かけた
「あの人達」はどこへ行ったのだろう。

「継続することが、成功の秘訣です。」

そう、いつものようにつぶやき
沢山「いいね」を貰っていたあの人達は
今どこで、何を継続しているのだろう。

SNSで消えていく者たちには「法則」がある。

それは、発信内容の共通点だ。

・人生を変えたい
・なりたい自分になる
・周りの目を気にしない
・とにかく行動すべし
・失敗したっていい
・お金よりやりがいや友達
・人と違うことをしたい
・好きなことで稼ぐ
・継続は力なり

もしかして、あなたも呟いてない?

一見、ポジティブな内容に見えるかもしれないが
発信する側の「状況」によっては、話は違ってくる。

声にならない「叫び」が聞こえてくる。

SNSで発信をする人は
その発信内容に「自分」を重ねるもの。

啓蒙的な発信は、自分が「こうあるべき」と
思っている内容になるのは当然。

そこに書いてあるのは
理想の「自分」の姿に他ならない。

今すぐ行動して、人生を変えましょう!
(こんな人生は嫌だ、私も変わりたい__)

裏側には必ず…

周りの目を気にせず、自分を貫きましょう!
(批判する方が悪い、私は間違ってない__)

本当の自分の「姿」と「想い」が隠れている。

偽りの自分を「周り」が認めてしまう。

周囲が「いいね」する発信は
本当の自分ではなく「理想の自分」の姿。

その姿が肯定されれば、肯定されるほど
現実とのギャップに、発信者は苦しむ。

私は、嘘つきだ__。

このギャップが、発信者を蝕んでいく。
精神の盃の大きさは、人それぞれに違うもの。
長期にわたり耐えられる者は、そう多くはない。

そして、人は誰かの「幻影」になる。

この誰かの「理想の姿」に憧れた者達が
美化を重ねた存在こそが、SNSの「幻影」となる。

幻影が、また新たな幻影を生み出し
SNSは「偽りの成功者」で溢れていく。

もし、あなたが「SNS幻影症候群」に
悩まされているのだとしたら

解決する方法は、ひとつしかない。

自分が達成できていないことを
誰かに啓蒙しようとしないこと。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

ぽじねこ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。