たね #2

あなたは、いつもふざけている。
私の悩みのタネ。
私思うの、あなたの笑顔は、やさしさは、決してただの潤滑油なんかじゃないって。
笑顔は、おまもり。おどけは、魔除け。
そんなんじゃない。
あなたの人生が、その苦労が、あなたに与えた大切な個性なの。宝物なの。

あなたは、いつも笑っている。
私の悩みのタネ。
あなたの笑顔がみずみずしくて、私の悩みのタネに芽が出たわ。
それは、思っていたよりもキレイな色で、見たこともないような色だった。

私は、ずっとあなたを見ていた。
苛立ちのタネだなんて、きっと口実よね。
このキレイな色のこと、みんなは恋って言うのかな。

#小説 #短編小説 #ショートショート #短編 #呪い #マイノリティ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
2

ぽっしー

イラストを描いたり、小説を書いたりしている大学生です。気に入っていただけたらうれしいです!フォローしていただけたらうれしいです!

ぽし図書館

短編やショートショートを貯蔵しています。 図書館カードをお持ちください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。