見出し画像

《お客さま向け》テイクアウトでの食中毒を防ぐ3つのポイント

いつもPOTLUCKをご利用いただきありがとうございます♪ 最近ぽつぽつと雨が降る日が増えてまいりましたね。日本気象協会によると、関東甲信は本日6月7日に梅雨入りしたそうです。じめじめするこの季節、危険性が増すのが食中毒。食べる立場として注意すべき点をまとめさせていただいたので、ご一読いただけますと幸いです!


1.食中毒とは

食中毒は、主にカンピロバクターやO157といった細菌が原因の「細菌性食中毒」と、ノロウイルスに代表される「ウィルス性食中毒」に分類されます。特に近年、細菌性食中毒は増加の傾向にあり、患者数、死亡者数の全てにおいて増加しています。

また、食中毒菌は「1.温度、2.栄養分、3.水分」を好むため、むしむしとしたこの季節は特に注意が必要と言えます。


2.テイクアウトでの食中毒を防ぐ3つのポイント

食中毒菌にはいろいろなタイプがありますが、食中毒予防の3原則といわれる「①つけない、②増やさない、③やっつける」に従えば、リスクを軽減すことができます。こちらの3原則から、テイクアウトをするにあたって注意できるポイントを紹介してまいります!

①つけない:食事前に手を洗う
手洗いは食中毒菌を口にしないために、もっとも重要なことと言われています。ピックアップからお戻りの際は、手を洗ってからお召し上がりください!

②増やさない:まっすぐ帰宅、すぐ食べる
時間が経過することで、食中毒のリスクが高まります。お受け取り後は寄り道をせずに、なるべくお早めにお召し上がりください。

③やっつける:持ち帰り後、加熱する
食中毒菌の多くは「中心部の温度が75度で1分間」の加熱で死滅すると言われております。なるべく全体が温まるよう、食べる前に電子レンジなどでの加熱をおすすめします!
※POTLUCKの容器は一番上のプラスチックの薄い蓋以外は電子レンジに対応しております。

参照:「飲食店等における「食べ残し」対策に取り組むに当たっての留意事項」(消費者庁、農林水産省、環境省、厚生労働省)



以上、テイクアウトにおける注意事項をご紹介させていただきました。安心してお召し上がりいただけるよう、上記のような点を心にとめていただければと思います。引き続き、POTLUCKをどうぞよろしくお願いいたします!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ぽっ

POTLUCK(ポットラック)

【飲食店とお客さまの関係を、もう少しだけ、あたたかく。】 2018年9月からスタートした月額制・事前予約システムのランチテイクアウトサービス「POTLUCK」の運営チームによる公式noteです。サービスのリリース情報まとめ、提携店舗さまとのストーリー、わたしたちのビジョンなどを。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。