映画レビュー

67
ノート

I don't want to die.

映画「ボヘミアン・ラプソディ-」を観てきた。

結論から先に書くが、観ようか迷ってる人がいるなら、大至急映画館へ行く準備を…!!後悔しないから。むしろ、のちのち自宅のTV環境で観賞するはめになったら、数か月前の自分を激しく責めるだろう。それくらい、映画館で観なければ、感じなければならない作品なのだ。

映画を観るまで、QUEENについて、わたしは何も知らなかった。「フレディ・マーキュリーって今も生

もっとみる
♡ LOVE ♡
154

幸せの幸せの幸せの向こう側

『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』が、最高の最高の最高の最高の最高の最高の最高の最高の最高の最高の最・・・っっっ高だった…!!!

もう、何が最高って、、、幸せしかない。多少のサッドネスも、歌って蹴散らす。悲しくても、人生って続くよね~、しかも楽しんだ方が断然ステキだよね~~~を、これでもかってほど可視化。ミュージカル化。

前作を観たときも、興奮&高揚しまくって、サントラ買って、しばらくハッ

もっとみる
ありがとうございます
75

『カメラを止めるな!』感想

高校野球が、真っ盛りですね。

夏の甲子園球場。白球を追う、全身全霊…、満身創痍の球児たち、監督、コーチ、応援団、応援にきた生徒たち、ご両親、親族一同、、、もう、あの場にいるみんながみんな、祈りにも似た強い想いを抱いて、「勝つ!」という同じ想いを抱いて、戦い、応援しているじゃないですか。

ひとつの試合をね?言ってしまえば、野球という普通のスポーツをですよ?なんなら知らない高校の部活動をね?それを

もっとみる
♡ LOVE ♡
54

観た日から「問い」がとまらない。

公開の1週間前、先行上映で「万引き家族」を観た。

あまりにも自分の感情が整理できず、その余韻を引っ張っているなかで、あの5歳女児虐待死のニュースが入ってきた。

どうしても、亡くなった子を、劇中のあの子と重ねずにはいられない。
ますます何と言っていいかわからなくなった。

「万引き家族」に出てくる家族は、社会のエアポケットのような場所で生活し、毎日を生きている。

あのエアポケットは、社会がつく

もっとみる
♡♡ 大好き ♡♡
69

65歳、VRの世界で何になろう。

先日、VRのマリオカートをしてきた。だって…「楽しい」って聞いたから。

1000円支払って、カートに乗り込み、手にセンサーを付け、ヘッドフォンをし、ゴーグルをつける。ゴーグルの中の映像が切り替わり、気づくと、私はサーキットのスタート地点に居た。手元をみると、巨大な白い手袋をはめた手がハンドルを握っていた。
横をみると、マリオがこちらに向かって手を振っている。夫だ。ヘッドフォンを通して、お互いの声

もっとみる
ありがとうございます
61

「イカロス」は想像以上に太陽に近づきすぎていた。

Netflixで『イカロス』を観た。

先月行われたアカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞し、気になっていて、軽い気持ちで観たら、私のふんわり記憶していたあらすじの20倍は恐ろしくて、後半は「ヒィ‼‼こわいよぅ…!こわいよぅ…!」と半ベソで観る羽目になった。

Netflixでも、こんなの↓が宣材写真として使われ、

あらすじに「ドーピングを暴くために、自らにドーピングし…」みたいなことが書か

もっとみる
♡♡ 大好き ♡♡
33

差別してないって思いこんでるのを知ってる。

『ドリーム』をAmazonでレンタルして観たんですけどね…。

あるシーンを観て、ガーーーーーン!!!!と衝撃を受けました。

話は1960年代の、ガガーリンが宇宙に行く直前の時代です。アメリカがソ連に負けるな!と焦ってる時代。あの焦り方も、今の時代から見ると、なんとも滑稽に描かれていましたが、もっと観る人に「馬っ鹿みたい!」という気持ちをむくむくと沸かせるように描かれているのが人種差別。

はじ

もっとみる
♡♡ 大好き ♡♡
69

新しく生まれたおとぎ話で、「愛」をアップデート。

『シェイプ・オブ・ウォーター』を観た。

とてもシンプルで美しい話だった。
シンプルでストレート、純度100%のダイヤモンドのような話。
純度100%のダイヤモンドのことを良く知らないけど、伝わるよね?とてもキレイで、とても固くて、とても透明。

声が出ず手話で会話するヒロイン「イライザ」と、国と国との争いに利用されるべく遠い故郷から捕獲されてきた不思議な生き物の「彼」。

この言葉を持たない二人

もっとみる
☺ HAPPY ☺
41

語彙力低下レビュー「バーフバリ~王の凱旋」

\ \ バーフバリ!! バーフバリ!! //

いや、まいったねこりゃ…。数多の映画好きさんがレビューされているので、私はなんも言うことねぇっす!と思ってたけども、観たら言いたくなる。「これだけ言わせて!」とかいって、2万字とか書けそう。頼まれても無いのに、広報活動に勤しみそう。…そんな映画でした「バーフバリ」。

どうしようかな…コレ。どこから手を付けようかな…。インドの、映画なんですけどね…。

もっとみる
うれしいです♡
88

怒りと愛、表と裏。

『スリー・ビルボード』をみた。

ゴールデングローブ賞をはじめ、各国の賞を総なめにし、3月のアカデミー賞も主要6部門7ノミネート。アカデミーノミネート作は、受賞が決まってから日本公開になるというのが慣例だが、今作はめずらしく配給側の「早く観て!」「2/1(映画の日だし)に観て!」と、前のめりな配慮を感じ、なんの情報もいれずに映画館へ向かった。

***

観賞後。わたしは「あたたかさと希望があった

もっとみる
ありがとうございます~
39