あの時、助けてくれたのは『家族無計画』でした。

たまに、導かれるように、ジャストなタイミングで手にする本がある。

紫原明子さんの『家族無計画』はまさにソレで、つい2週間前、そのタイミングは訪れた。ひとことで言うと

全然違うのに、完全に同じ!

である。全人類に読んでほしい。女性はもちろん、男性にも読んでもらいたい。読むと、知らないうちに持ち歩いていた砂袋に気付くだろう。重いでしょそれ?持ち歩かなくていいんだよ?と微笑まれ「やだ、ほんとだ」と気付き、手放した分だけ心身がふわっと軽くなるような、サプリメントエッセイだ。

恋愛で疲弊し、おそらく生まれて初めて失ったであろう「自尊心」を、私はこの本で取り戻した。自尊心、失っていることにも気づいていなかった。

「自尊心を失う」と、よく言うけれど、これは相対的なものではないので、あくまで私の個人的な意見になるが、とにかく、なにもかも自分が悪いという思いで、自分の未熟な心を責めて責めて、不安で不安で、何が正しくて何が間違っているか、頭でも心でも判断できなくなっていった。

明子さんが経験してきたことは、決して誰にも当てはまらないだろう。人それぞれの人生があるのだから当然だ。なのに、その都度降りかかる出来事に、泣いたり人に頼ったりしながら、乗り越え、受け止めてきた姿が、気の持ちようが、自分を思い出させてくれた。自分が自分のままである勇気をくれた。

“本当は誰だって太陽になりたいのだ。太陽になって喜ばれたり、愛されたりしたい。嫌われる北風なんかになりたくない。”

私の現状を、頼れる先輩に相談したとき「いま、何をしても北風にしかならない…。太陽になりたいのに、太陽として必要とされたいのに…!うわぁああん!号泣」と、ちょうど同じ「北風と太陽」をたとえに出していた。明子さんはこう続ける、

“だから、太陽を演じさせてくれない相手は、見限るよりほかないと、私は思う。”

ガーーン…!でも、確かに!!今の私になかった発想はコレだ!!と膝を叩く。

“過去にどんなに素敵な思い出がたくさんあったとしても、今、自分を大切にしなくなった相手と一緒にいるのは、自分で自分を苦しめるのと同じこと。”

この一文は前にも紹介したが、かなりの包容力だった。その優しさは羽毛布団を軽く超えている。目の前がキラキラしてふわふわの羽毛布団以上のなにかにくるまれながら気づいた。そうか…私は、自分で自分を苦しめているから、こんなに辛いんだ。と、ちゃんと自分を大事にする判断をしなければならない、と彼を呼び出した。直接目をみて話をして、自分に正直に判断しよう、と。あとは前に書いた通りだ。

また、その本の中で紹介されたいた、小児科医の熊谷晋一郎さんの

“「自立とは、依存先を増やすこと」”

という言葉に、ドーーーン!と衝撃を受けた。社会の中に居場所を増やすこと、精神的な依存先を増やすことが、「自立」に繋がると。私…自立していない…としょんぼり垂れ下がった眼から鱗がボロボロこぼれた。

そして私は、頼れる限りの人たちに頼った。noteにも頼った。

長女あるあるで、人に頼る才能が著しく欠落しているのだが、私は自分が築き上げてきた人間関係を信じて、頼りまくった。珍しく母にまで頼った。結果、どれだけ頼りになる素敵な人たちに囲まれているか、改めて気付けた。こんなベタで当たり前の事実すら見えなくなっていたのだ。

「家族無計画」を3回通しで読んで、驚くべきスピードで、自尊心を取り戻し、大好きなみんなに囲まれている、と気づき、たった2週間でみるみる元気になった。気持ちが上を向くと同時に、ありえないような方面から嬉しい誘いが続いたり、楽しい予定がぽんぽん入る日々だ。

心の底から単純でよかった!と思った。


今は、ただ穏やかに流れる時間にぷかぷか浮きながら、身を任せてみようと決めた。そのうち、なるようになるだろう。辛かった思い出も全部ネタになる。

基本的にコメディな私だ、悲しみも切なさも、いつか全部笑うと思う。

このnoteも、執筆BGMはコレ↓だもの。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいたお金は、息子のオムツ代にさせていただきます!!!オムツってすごい減るんですね!!!

☺ HAPPY ☺
64

asami.m

読書感想文

読んだ本について、素直に、ときに斜めに感想を書き綴ります。
1つのマガジンに含まれています

コメント8件

harutaさん☆ コメントありがとうございます!是非読んでみてください!これまで自分が考えてた「自立」は実現不可能だし、そこ目指さなくていいんだ…!とスーパー楽になります!!!
すごくタイムリーで、泣きたくなりましたー!今日読んでみます!!
hashitashiki さん☆ タイムリーですか!それはまさにいま読む時です!必ず楽になります!!!
読んでみようと思いました。BGMが、素晴らしいですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。