「ニッポンの今」が細部に宿った傑作。

『シン・ゴジラ』を観てきました。

このカタカナの「シン」には「新・真・神」の意味があるそう。

怪獣映画と思って、観ないという判断を下しているそこのアナタ!もったいない!今すぐ劇場にGOすることをオススメします。これは立派な政治映画でした。どれくらい政治色が強いかって?

山崎豊子作品を思い浮かべてください。「白い巨塔」や「沈まぬ太陽」とか。

シン・ゴジラ観ながら感じた政治色を表現するならば

ヤ゛マ゛サ゛キ゛ト゛ヨ゛コ゛なの?!?!?!?

です。もう、日本の中枢部丸裸。これ、子供完全に置いてきぼりになるよね?ってゆうくらい、日本の役所仕事を、これでもかってほど緻密にそして早口で描いている。そして、その光景に誰しも「既視感」を感じるだろう。

突如現れたゴジラによる被害、遅すぎる政府の対応、避難しきれない住民、放射能の検出。今現在、日本が抱えるトップレベルの社会問題である「原発事故」を投影させている。必要以上に出てくる政府役人の「想定外」というセリフが皮肉満点だ。

震災・原発事故に限らず、日本に災害が起こったとき、国を守ろうとしているおじさんたちは、こんな動きをしているんだ…。と大半のシーンにガッカリする…。会議が多すぎるよ!!

そんな中、ひとつの対策本部がある作戦を決行し、ゴジラを止め、一応終わる。この「一応終わる」感がとても上手かったですね。完全な安全は無い、この先”想定外の何か”が起こったときにどう対応するか、は永遠の問題なんだと、考えさせられる。

日本はスクラップ&ビルドで 立ち直ってきた国だ。また必ず立ち直れる。

こんな印象的なセリフの後に、体育館の避難住民が映ると、目頭が熱くならない日本人は居ないんじゃないだろうか。

今の日本だから、日本じゃなければ作れない映画だとしみじみ感じました。

ところで、エヴァンゲリオンは1回さらっと通して観た程度の私ですら、今にも石原さとみが「ざ~ん~こ~くな~天使のて~~ぜ~~~♪」と歌いだしそうと感じるくらい庵野監督でした。音楽と映像の絡め方がまさに!と思う人も多いのではないでしょうか。

1カット1カット、庵野監督の愛というか、オタク度が溢れ出していて、これがメイドインジャパンのオタクじゃあああああああ!!!と途中叫びそうになるくらい、映像へのこだわりがハンパなかったです。

ネタバレにならない程度でいうと、臨時ニュースの政府会見映像が電器屋さんに並ぶテレビ全部に移るっていう、よく見る映像。そんななか「テレ東だけはアニメ」ってゆう、あるあるネタがちゃんと仕込まれていて、しかも一瞬しか映らないそのアニメが奥様である安野モヨコ氏の「オチビさん」だったりして、うおおおおおおお!!!!細けえええええええ!!!と興奮せざるを得ない。

あと、役者陣ね。すごい人数でしたね。ほんの数秒の1シーンにこの人!!ってゆう贅沢な使い方満載!!満載といえば、ゴジラのモーションキャプチャーに野村萬斎。ゴジラ、動いたっけ?ってゆうくらいモーションのキャプチャー必要あった?と思ったけど、そこに野村萬斎氏を使うくらい、贅沢なキャスティング!!!と思いました。

言うまでもなく、シン・ゴジラのディティール、東京壊滅の圧巻の映像は、ぜひ劇場で体感することをオススメします!!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいたお金は、息子のオムツ代にさせていただきます!!!オムツってすごい減るんですね!!!

嬉しくてニコニコしちゃうよ。
35

asami.m

映画レビュー

観た映画の感想。

コメント4件

レビュー読んでかなり観たくなりました。
関係ないけどnote内に「ツン・ゴジラとシソ・ゴジラ」って漫画を見つけて笑ってしまいました。

ところでやっと「マリーゴールド・ホテル」を借りてきたんですよ(笑)
足袋猫さん☆ ツンとシソ!!笑 チェックしておきます!! あ!マリーゴールドホテル!幸せ気分になりますよ〜♡
わたしも観ました。この記事で書かれている「オチビさん」のところ、気付きませんでした〜! ほかもいっぱい気付いてないところあるんでしょうね…。
芦之由さん☆コメントとフォローありがとうございます!!そうなんですよね〜!観る所ありすぎて、1回じゃ全然!!と思っていて、近々2回目行ってきますー!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。