見出し画像

吉田寮退去期限に思うこと

お話に入る前に。
私は今日初めてnoteというクリエイター向けSNSに自分の文章を投稿する。

今もそうだが、noteはキラキラしたクリエイターばかりで、私のように「会社」という社会のほんの断片でしかないような場所で淘汰されるような人にとってはちょっと敷居が高い気がする。本当にすごいキラキラ感(語彙力)。

今日は、大藤ヨシヲちゃんからブログを転載してくほしいとのことで、このマガジンにきました!ヨシヲちゃん、ありがとう。
ということで本文へ。

__________________
今日2018年9月30日がこんなに気が重い日になるとは思ってもいなかった。

どうしても今日はいつもより感情的になってしまう。今日は京都大学が求める、吉田寮の退去期限である。

ここでは詳しく書くと長くなるので書かないが、2017年の12月に京都大学が築105年の「現棟」と築3年の「新棟」からも全員出て行けと通知を出した。
(詳しいことは貼ってあるリンクをみてね!わかりやすいよ!)

実際、今日も吉田寮について思うことを書こうか未だに悩んでいる。

今書いてしまうと、吉田寮の終焉を認めてしまうからである。

自分の帰る空間が1つなくなってしまうということは意外と寂しくて悲しい。
歴史も深くて、多くの人が過ごした吉田寮については様々な思いがあって、当てはまらないところもあると思うが、今日は私が思うことを簡単に書いてみようと思う。

-------

「効率的」であることや「生産性」が高いこと、人生をストレートにコスパよく生きることがよしとされている社会において、吉田寮はちょっとそれから離れて社会を俯瞰したり、社会からちょっと距離をおくところのように見える。

実際に、私はもれなく「効率的」でもなく、「生産性」もそこまで高くなく、人生もストレートにコスパよく生きていないと思う。
浪人もしたし、特になにかを生産したわけでもない。

世の中の大学生が就活解禁まであと1日だ、と叫んでいた中、私も世で言えば就活をするであろう人であるにも関わらず、来年は読書をして、たまにバイトをして、お金をちょっと稼いで習い事をして、晴れた日には鴨川で昼寝をしようという最高のプランを考えていた。

もちろん、周りにはヤベェと言われた。

しかし、色々事情があり、世の中で理不尽極まりない「就活ゲーム」で遊んでみた結果、会社員になってしまうというプチエクストリームステージに来てしまった。

ぶっちゃけ会社員なんて、頑張っても頑張らなくてもある程度の給料はもらえてコスパはいい。にも関わらず、私は今その道を離れようとしている。

世の中からしたら、本当にコスパの悪いクズである。

ある意味、何でも一歩立ち止まって考えて「これおかしいんじゃないの?」と発言する私はかなりの厄介者だと思う。上司、ごめんね。

そんな人生に迷っている人や、ちょっと一般的な社会に合わない人を支援するわけでもないが、一歩立ち止まって考える空間であることが吉田寮の最大の魅力だと私は思う。

実際に住んで、お互いに住みやすいように話し合ったり、誰かと楽しくご飯を作って食べたり、一緒に歌を歌ったり、楽器で遊んだり、動物と遊んだり、本を読んで一緒に議論をしたり、お互いの専門分野の話をしたり、ゲームをしたり、本当に色々なことをした。お互いに「仲良し」だから一緒に物事をするのではなく、「興味が似ているから」、「目的が同じだから」一緒に行動することが多くてとても気が楽だった。無駄に気を使わなくてよかった。

食べて寝て遊んでしかないじゃないか!

でもそれら全ては人生を豊かにするものであり、特に「話し合う」ということに関しては、社会生活を営む根幹である。社会では「話し合う」という文化があまりないことに驚いた。「とりあえずこうだから飲み込め」と言わんばかりに。

それを若いうちにたくさん経験できてよかった。

もっとそれを色んな人に経験してもらいたいとよく思う。吉田寮の終焉を認めた言い方をすると、「経験してもらいたかった」。

吉田寮にきてみなよ〜〜、心が豊かになるぞと言いたい。とりあえずまだ遅くない(笑)

そんな空間がもうなくなってしまうのが悲しい。悲しいとか寂しいとかそういう言葉ではもう表せない。難しい。

明日から社会に戻るかぁ〜〜。

吉田寮生追い出し問題はこちらから!

こういう空間が少しでも長くあるといいなぁ。

ぴょんぴょこうさたろうのブログはこちら!
グラフィックレコードのこと、社会に思うことなどを書いています🤗


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

たくさんのサポートお待ちしております! 頂いたサポートは、MacBook proの購入資金にあてさせて頂きます!

ありがとうございます!また来てくださいね!
8

うさたろう

ビジュアルで「伝える」をなめらかに。|グラフィックレコーダー|主にブレストや転職コンサルの場でグラレコを実践中🎨|Webデザイナーの卵の卵の卵。|グラレコのご依頼・ご相談はhttps://mobile.twitter.com/pp_usatarouのDMへ!

KYO NO KOTO

私は京都が好きだ。 この街に積み重なった歴史はもちろん、何より、今日、今この瞬間のこの街が好きだ。 この街の今が歴史に埋もれてしまわないように、今日のコトを伝えていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。