心臓弁膜症。

心エコー検査(定期検査)を受けに行った。

指し示される画像を観ながらDrの説明を受けた。
「特に悪くは、なっていない」

三尖弁と僧帽弁の閉鎖不全。心臓が送り出すべきものが弁が閉じないので逆流し漏れモレなのである。実に非効率なポンプ性能だ。

良くなるものでもないらしく、、、酷くなったら手術するとのことなので定期的に検査を受け続けている。Drから次回はいつ頃、来なさいを言わなくなっており、一応当初から半年を目途に電話をし予約を取っている。「ずーっと予約いっぱいなんですよねぇ。どうします?」メンドクサそうに話すクリニックスタッフにイライラする事を繰り返している。

Drが前回よりは詳しく前々回と同様の説明をなぞるように話す(ぐらい状態は変わらないのだろう)のを聞きながら、思うことがあった。

ボクはイライラしてる。Drはボクの望むこととズレた言動をするからだ。ボクは今のシンドサをどうにかしたくてココに来たのに、今の心臓の絵面を見せられ講義を受けている。。

同時にこうも思った。

ボクがDrに求めていることがそもそもズレている。

このDrはボクのココロを観ているのではなく、心臓を診ている。Drはあくまで身体の局所的な部位やシステム機能が通常通りであるかを確認している。または変化がないか、しかるべき処置を必要とするかの判断「診断」をしている。併せて説明まで行い、医師に求めれられている責務を完遂している。

以上。

Drが検査後の冒頭、「何も変わりないでしょ?」とボクに尋ねた。

Drは検査をし、「変わりはない」と言う診断を下し、変わりないでしょ?と患者に伝えた。「ハイ」以外の答えは予測しないだろう。

実際、変わりはないと言えば、ない。変わらず、胸痛や背の肩甲骨下あたりの痛み、酸欠感と生あくび、睡眠時の中途覚醒、抗えないだるさ、疲れやすさ。動悸や心拍動の激しい上下、忘れたころにくる左側の痺れなど。

ボクはDrに反抗するように、あいかわらず疲れやすいことと、心拍数が上下しやすいこと、、たま~に左腕に痺れがあることをピックアップして伝えた。Drは「それは関係ないよね。」と。

それとはどれ?じゃあどんな推理ができる?ドクターG。

ボクはイライラしながらも、「そうなんですねぇ~。」と返す。聞きたいことを尋ねもしない。

さて、冒頭から「変わりない」と告げられている。併せて、次回の検査は1年後で良いと伝えられた。

素直に 一安心。

一連のイライラはボクのセンシティブな状態に要因あり。

Drは「心配性の患者」のココロを観て、その対応として淡々とボクに関わっているのだろう。。。多分。

とセカンドオピニオンと言う選択を思いとどめた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいです!

rin

ニチジョウとダジャレと時々、マジメな事をつぶやきます。 テーマに統一性がありません。キャラに一貫性がありません。あしからず。 職業的アイデンティティとしては「ソーシャルワーカー」が一番しっくりきます。 妻ー柴犬さくらーボク(ヒエラルキー順)で暮らしております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。