見出し画像

どつハマ。「深い海にハマる展」に行ってハマる。

昨日、~深い海にハマる展「うみハマ」に行ってきました。

会場となっていたgallery cafe & zakka「SAKURA」←良き名前。

画像2

11時開店ですが10時半には最寄りの駅に着いていた為、道路向かいのコンビニに寄ったり、近くのマンション前の公園ベンチで座って、もうひとまったり(*´ω`)待ったりして過ごしました。

画像9

↑ 公園に白いうみがめ。

11時、お店の方が食パンを持って入店したのを見届けてから、入店。

店奥と2階がgalleryスペースとなっておりました。

2階に上がってスグ正面の くらげ たちの幻想的雰囲気に誘われ、思わず(無許可)撮影しようとスマホを出していた時、作家さん「Aether io」さんが声をかけて下さり、撮影を快く了承してくださいました。

画像5

作品…陳列を含めてですね。はい、分かります。
そんな気にさせといてください。

画像6

今回はお会い出来ませんでしたが、不真面目まじめなクリエイター、「SHEEPSHANK」さんの作品・商品も出展されていました。

画像8

代表作 ダイオウグソクムシ(※深海に生息する最大で体長50mにもなる巨大な㋙)の面々。

作家さんからワークショップにも声をかけていただきまして…。

画像4

↓今回お連れになられていた「kinka design」さんの作品・商品たち。

画像10

ジョシでもコドモさんでもなく、私rinおじさんが本日一番初めのワークショップ参加者で、少し気恥ずかしく思いながらも、椅子に座りkinka designさんの説明を伺いました。あらかじめ白地に印刷された作家さんのデザインイラストに色鉛筆で「お好きに」色を塗り、(ラミネートして)周りをカットして、(ヒモの穴をパンチして、ヒモ選んでヒモ通して結んで)出来上がり。
※(   )内は作家さんがされましたので、選んで+塗って+切る。以上。

幾つかのイラストのラインナップから「リュウグウノツカイ」を選びました。

kinka designさんの視線を感じつつ、Aether ioさんからも声を掛けられ、お世辞のコトバもいただき、舞い上がり、キョドリ、手は震えて、(ドツボにハマり)終盤に塗った尾びれの方が枠からハミでて塗られているのはまた良きおもひで。

胸ヒレは寒色ではなく赤系の色でしたね。スマホで画像をチラ見しながら塗ったのに関わらず。全体的に独創性もなく、忠実さもなく。
これも、ボクらしい詰めの甘さ、、良きおもひで。

塗り終わった後、ラミネート加工してもらい、最後の作業。

ハサミで周りを切っていきます。

老眼始まっております。メガネを磯野波平さん(54)ぐらい下げようかとした時にAether ioさんが、後ろから「どうですか?」と声をかけてくださり、、、ボクはスッと眼鏡の中央を指で上げました。。
後で修正できるように少し余裕幅をもって切って置きました☜大人の知恵。

>゜)))彡

画像7

↑オキゴンドウのゴンちゃんに 初めまして で、パクっとされるの図。

隣の席にふたりの小さなクリエイターさん。

画像1

同じくリュウグウノツカイ、、迷いなき筆運び、鮮やかな色合い。映え。
感嘆!

おじさん撤収。

SHEEPSHANKさんのメンダコノートを買い忘れたので、また深い海のどこかで。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ、ありがとうございます。
4

rin

ニチジョウとダジャレと時々、マジメな事をつぶやきます。 テーマに統一性がありません。キャラに一貫性がありません。あしからず。 職業的アイデンティティとしては「ソーシャルワーカー」が一番しっくりきます。 妻ー柴犬さくらーボク(ヒエラルキー順)で暮らしております。

おでかけ記

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。