見出し画像

noteメモ消えました。(@_@)

昨晩、普段メモとして使っているevernoteの代わりに、仕事の現スランプを打開するような気づきをスマホ入力でnoteに書いて下書き保存をした。

今、確認すると消えている。

正しくは白紙の下書きが残っていた。
ま、自分が削除操作をしたのだろう。データ削除は2回目だ。酔い気分で筆が乗った記事を誤操作で消した事がある。
あっと言う間に白紙で上書きされてしまう。
元に戻すショートカットキーなどない。
消えたから、偉大な創造物、成果物を失った気分になる。
わが社はイノベーションの機会を失ったのだ。

学生時代(太古の昔)、卒研論文の記録保存はフロッピーディスクという媒体に託していた。ボロアポートの一室に置かれたpcから流れるジーコジーコという書き込み音。お茶をズズズっとすすりながら、世界の発展に寄与することは間違いのない地道な研究から導かれた新たな常識の提起が5.25インチのペラペラのそれに刻み終えるのを待っていた。
世界の発展への第一歩は順調にみえた。
ある時、データを書きだせなくなっていた。
そして(ボクの)全世界が絶望に打ちひしがれた!

今、そんな気分だ・・・。


とは言え、思い出せるものを上げてみれば、大したものはない。のは薄々気づきの介。
いずれにしてもnoteにメモはやめておきます。

下書き保存したつもりで公開設定を間違えたらあせってぃ後悔してしまうでしょう。

これからも消えても惜しくない程度の薄い人生語り、ニチジョウと
ゆるい(そして薄い)話題をお届けしていきたいと思います。

あしからず。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ、ありがとうございます。
4

rin

ニチジョウとダジャレと時々、マジメな事をつぶやきます。 テーマに統一性がありません。キャラに一貫性がありません。あしからず。 職業的アイデンティティとしては「ソーシャルワーカー」が一番しっくりきます。 妻ー柴犬さくらーボク(ヒエラルキー順)で暮らしております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。